• TOP
  • 芸能
  • 西島秀俊、50代になっても活躍の背景に「20代での5年間の沈黙」

芸能

2021.05.28 16:00  NEWSポストセブン

西島秀俊、50代になっても活躍の背景に「20代での5年間の沈黙」

映画やドラマの第一線で活躍し続けている(時事通信フォト)

映画やドラマの第一線で活躍し続けている(時事通信フォト)

 NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で、“漫画家・石ノ森章太郎の大ファンの気象キャスター”という役どころを演じて話題の俳優・西島秀俊(50)。今年3月に節目となる50歳を迎えた彼は、なぜ約30年にわたって第一線で活躍し続けることができたのだろうか。

 1992年から俳優としてのキャリアをスタートさせた西島秀俊。当初は端正な顔立ちと爽やかな雰囲気が特徴のいわゆる“アイドル路線”で売り出され、1993年には最高視聴率31.9%を記録したテレビドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)への出演などをきっかけにブレイク。一躍人気俳優の仲間入りを果たした。

 だが1997年からは一時的にテレビドラマの世界と距離を置くようになる。映画評論家の小野寺系氏によれば、この時期に西島秀俊は役者としての個性を確立することになったようだ。

「西島秀俊さんは今年50歳を迎えるまで、若手から中堅、ベテランへとイメージを更新しながら、テレビドラマ、映画に出演し続けている、誰もが知る人気俳優です。

 若手時代に、いかにもトレンディドラマらしいテレビドラマ『あすなろ白書』で、ゲイであることを隠す、さわやかでリッチな青年の役を演じて、広く人気を獲得しました。しかし、人気俳優としてのポジションが確立した矢先、1997年以降、5年間テレビドラマから離れることになります。これは、アイドル的な売り方をしようとした事務所と、演技派の道に進みたい西島の方向性の違いがあったことが原因と言われています。

 そんな時期に、諏訪敦彦や黒沢清など、気鋭の映画監督の映画に出演しています。黒沢清監督の映画『ニンゲン合格』(1999年公開)で演じたのは、事故に遭った中学生が、10年間昏睡状態で眠り続け、大人になってから目覚めた主人公の役。身体は大人なのに精神は子どもという難しい設定を、どこか妖精のような浮世離れした雰囲気で演じ、評価を高めました」(小野寺氏、以下同)

関連記事

トピックス