• TOP
  • 芸能
  • 批判から1年 山田孝之が今バラエティに引く手あまたの理由

芸能

2021.05.30 07:00  NEWSポストセブン

批判から1年 山田孝之が今バラエティに引く手あまたの理由

山田孝之

バラエティでの活躍が目立つ山田孝之

 普段はテレビにほとんど出ない俳優・山田孝之(37才)が今、バラエティ番組に出まくっている。山田といえば昨年、来県自粛が呼びかけられる中での沖縄旅行でバッシングを受けたことが記憶に新しい。その山田が、今バラエティに求められる理由とは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 30日夜、『日曜日の初耳学』(MBS・TBS系)のメインコーナー「インタビュアー林修」に山田孝之さんがゲスト出演します。対談後に山田さんが「これを見れば今の山田孝之は全てわかる」と話すほど、役作り、作品への思い、葛藤や苦悩などを語り尽くしたというだけに、放送後はネット上に反響が飛び交うでしょう。

 ただ、注目すべきはこのところ山田さんがこの番組だけでなく、バラエティへの出演が続いていること。12日の『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)、15日の『99人の壁』(フジテレビ系)、19日の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演。週明けにも6月1日に『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)、4日に『A-Studio+』(TBS系)への出演が予定されています。

 驚かされるのは、トーク、ドキュメント、クイズ、占い、ネタと、さまざまなジャンルのバラエティに出演していること。主演映画『はるヲうるひと』のPRという目的こそあるものの、『99人の壁』ではドラゴンボールへの熱烈な愛を語り、『突然ですが占ってもいいですか?』では占いの結果にハイテンションで喜び、さらに『日曜日の初耳学』では役者論や苦悩を吐露し、『ウチのガヤがすみません!』ではTT兄弟になることが明かされているなど、番宣の枠を超えて全力で楽しむ姿勢がうかがえます。

 山田さんと言えば、ちょうど1年前、来県自粛が呼びかけられる中、沖縄旅行をしたことで猛烈なバッシングを受けてしまいました。1年が過ぎた今なお緊急事態宣言が発出される緊迫した状況が続く中、なぜ山田さんはこれほどバラエティに引く手あまたなのでしょうか。

騒動後の冷却期間と1月の好反応

 批判を浴びた1年前から現在まで、山田さんの活動は主に映画と舞台で民放のドラマには出演していません。そのため露出は限定的であり、いわゆる“活動自粛”と似た状態になっていました。そのため時間の経過とともに、ヒートアップしていた人々の熱が下がり、「バラエティの単発出演なら問題ないのではないか」というムードが生まれはじめていたのです。

 さらに年が明けた今年1月、山田さんは全力でバラエティを楽しむ姿を見せて、視聴者の心をグッとつかんでいきました。1月10日の『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)ではシソンヌ・長谷川忍さんとのコラボ宴会芸を披露し、1月18日の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)では辛いものが得意ではないにも関わらず悶絶しながら超激辛グルメを完食。1月23日の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)でも、あざとい女子たちのVTRに大興奮で絶叫するなどのハジけた姿を見せて番組を盛り上げました。

関連記事

トピックス