ライフ

葬儀の簡略化 一度もお経をあげない「直葬」が8割になるとの予測も

コロナは葬儀の方法にも影響を(写真はイメージ)

コロナは葬儀の方法にも影響を(写真はイメージ)

 人生最後のセレモニー「葬式」だが、ここ数年どんどん規模が縮小している。家族葬や通夜を省いた一日葬など、お金をかけない葬式がテレビCMを賑わし、「葬儀の常識」も大きく変わっているのだ。

「コロナで今後は、ますます葬儀の簡略化が進むでしょう」と言うのは、東京の葬儀社「たかほう葬祭」の浜島貴一社長だ。

「感染拡大防止のために、『通夜ぶるまい』などの食事は9割方なくなりました。参列者が少ないことから、霊柩車も用意しないケース(寝台車を使用)が増えました」

 大阪市にある柳谷観音大阪別院・泰聖寺の純空壮宏住職は「コロナで『お経』をあげる回数も減っています」と語る。

「かつては亡くなった当日の枕経に始まり、通夜、葬儀と3日間かけてお経をあげましたが、最近は通夜を省く『一日葬』が増えています。さらに、通夜も葬儀も省略する『直葬』では一度もお経をあげないことが少なくない。住職が火葬炉の前でお経を唱えるだけの『炉前葬』も増えました。

 また、四十九日や一周忌、三回忌などを行なわない家庭が多くなった。参列者が集まらず、『お経を短くして安くしてほしい』と頼まれることもありました」

 僧侶への「お布施」は通常、葬儀社のプランには含まれない。通夜・告別式でお経をあげてもらうと15万~20万円、一日葬で8万~10万円、炉前葬なら5万~6万円が相場だという。

 葬儀サービス「小さなお葬式」を運営するユニクエストが公開する「葬儀・法要受注に関するデータ」によると、新型コロナの第一波のなかにあった2020年4月には、「直葬」が50%を超え、一般葬と家族葬の件数を初めて上回った。

 前出の浜島社長は「今後もこの傾向は常態化し、8割が直葬になる」とみている。

 直葬の場合、喪主さえ不要になる。儀式や様式が簡略化されることには寂しさも感じるが、葬儀・お墓コンサルタントの吉川美津子氏は「ポジティブに捉えたい」と語る。

「コロナ禍を『故人とどういうお別れをしたいか』を考えるいい機会と捉えたい。ごく近しい人だけで“故人との最後の時間をゆっくりと過ごす機会”と考えてみてはどうでしょうか」

※週刊ポスト2021年6月11日号

関連記事

トピックス