• TOP
  • 芸能
  • 休養の深田恭子 背景にあった「結婚より仕事」の選択と「号泣事件」

芸能

2021.06.04 07:00  女性セブン

休養の深田恭子 背景にあった「結婚より仕事」の選択と「号泣事件」

深田恭子

深田恭子が号泣したという(写真は杉本会長らとの金沢旅行のときのもの。2019年)

 深田恭子(38才)の突然の休養発表は、驚きをもって大きく報じられた。所属事務所の『ホリプロ』は、深田は昨年春頃から体調を崩すことが多くなり、5月に入ってから「適応障害」と診断された、と発表。撮影中だった映画は撮影延期となり、当面は療養して体調回復に専念する、という。主演予定だった7月スタートの連ドラも降板が発表された。

 そんな深田をいちばんそばで支えてきたのは、2019年秋から交際する不動産会社シーラホールディングスの杉本宏之会長(43才)だった。

「杉本さんと出会ったのは、5年ほど交際していた亀梨和也さん(35才)との関係にすきま風が吹いた頃でした。杉本さんが事実上経営するワインバーで出会ったふたりはよほど気が合ったのでしょう、急ピッチで関係を進展させていきました」(深田の知人)

 深田は交際してすぐ、杉本氏との結婚を考えるようになった。

「亀梨さんとはトップアイドル同士。一緒に外食をすることもできなければ、結婚もできるはずがなかった。深田さんにとって杉本さんは初めて、安心して結婚を考えられる相手。“結婚したい”“この人の子供を産みたい”という気持ちは強くなっていったようです。実際、ふたりは結婚を考えて『もし結婚したら』という婚前契約もかわしていました」(前出・深田の知人)

 しかし、ドラマ、映画、CMと結婚には進めないほどの仕事のオファーが入る。

「仕事が順調で、もう杉本さんと一緒にいられるだけでいい。結婚は今はする気がないと言うようになったんです。でもそれも一時のこと。思わぬ仕事量と前向きになれないセクシー路線のドラマの仕事で、深田さんは考え込むように。

 好きな人との結婚を諦めるほどの決意で目の前の仕事を選んだのに、結局それも間違っていたのではないかと思うようになっていった。自分でやりたいと言っただけに無理も言えない。どんどん自分の気持ちに折り合いがつかなくなってしまっていた」(前出・深田の知人)

関連記事

トピックス