ライフ

【新刊紹介】狙った部位を鍛える『世界一細かすぎる筋トレ図鑑』

 緊急事態宣言も延長され、さらには梅雨で悪天が続くこの季節。自宅で静かに過ごす時間も多そうだ。そんなときには、読書でも楽しんでみてはいかがだろうか。注目の新刊4冊を紹介します

『世界一細かすぎる筋トレ図鑑』
岡田隆/小学館/1870円

細かすぎる筋トレ

細かすぎる筋トレ

 バズーカ岡田さんの「肩にメロン、背中に鬼、尻にバタフライ」の勇姿に、ここまでムキムキにならなくてもと笑ってしまうが、並の運動ではあの体にならない。肩、腕、背中など狙った部位を鍛える方法が道具も含めてそれこそ事細かに図解される。「世界一」の看板に偽りなし。トレーニングには停滞期がある。眠った筋繊維を覚醒させれば新たな成長期を迎えられるそうだ。

『月下のサクラ』
柚月裕子/徳間書店/1870円

刑事

巡査が活躍する『月下のサクラ』。

 機動分析係を志し、人知れず研鑽を重ねてきた米崎県警の森口泉巡査、33才。尾行テストに失敗するも、なぜか捜査員失格と烙印を押した黒瀬警部の引きで異動が叶う。その直後会計課の金庫から約1億円が消えた不祥事が発覚し、内部犯行が疑われる。広島県警の実事件から着想したような筋立てにワクワク。サクラは公安警察の隠語。男社会で生き抜く泉のますますファンになる。

『どうしても頑張れない人たち ケーキの切れない非行少年たち2 』
宮口幸治/新潮新書/792円

ベストセラーの続編

ベストセラーの続編

 児童精神科医の著者は前著で、認知の機能障害が非行の原因になる場合があるとの新視点を提供した。この続編ではのっけから盲点を突く。世間は更生少年達を"頑張ったら支援する"と励ますが、頑張れない人にこそ支援が必要と。安心の土台を作る、伴走する、支援し続ける。福祉に携わる人々への提言だが、支援に奔走する彼らを支援することは一般の我々にもできるはず。

『すみれ荘ファミリア』
凪良ゆう/講談社タイガ/847円

愛憎ドラマ

愛憎ドラマ

 男性と暮らし始めた母から賄い付きの下宿すみれ荘を預かった33才の和久井一悟。下宿人は3名。そこに一悟がケガを負わせた作家の芥が加わるが、彼は24年前に別れた弟の央二だった。同じ屋根の下の心温まる疑似家族ものかと思いきや、思いがけない人物達の"毒"が周辺にしみ出す愛憎ドラマに。脇筋だが、家族や男女に関する旧弊な価値観を撃つ著者の姿勢が気持ちいい。

文/温水ゆかり

※女性セブン2021年6月17日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン