ビジネス

どんな服の上からでも装着可能「ウエストポーチ型エアコン」開発秘話

3色展開、見た目もクールなボディエアコン

3色展開、見た目もクールなボディエアコン

 ここ数年、夏になると、空調つきの服や首から下げる扇風機など、ウェアラブルタイプの“エアコン”が人気を呼んでいる。『野電 ボディエアコン・ツインクール』(1万3970円)は、そのどちらでもない新タイプ。この個性的な商品はどのような発想で生まれたのだろうか?

 大阪市のアウトドアメーカーLOGOSでは、2020年からボディエアコン製品の販売を行っている。きっかけとなったのは、同社の代表・柴田茂樹さんと企画広報部の浜西千尋さんが出張の移動中に交わしたちょっとした会話だった。

「服に送風機能がついた空調つきの服はすでに世の中にあるが、涼しくあろうとしたら、常にその空調つきの服を着ていなければならない。着替えずとも涼しさを感じられるものを作れないだろうか?」

 こんな考えのもとに2020年、『ボディエアコン・クールユニット』と『ボディエアコン・クールダイレクト』を発売。この2つの商品は、ウエストポーチ型で、どんな衣類の上からでも身につけられることがポイントだった。

「アウトドアメーカーとして、いろいろな素材を使ったバッグを企画した経験があったため、ウエストポーチ型のバッグと装着式のエアコンという電気系統のものを結びつけるというアイディアが湧きました」と、浜西さん。『ボディエアコン』は、洗濯の必要もなく、ウエストのベルトの長さを調節すれば、家族や職場の仲間など複数人でシェアすることもできると好評を博した。

 そして、今年発売される新商品が『ボディエアコン・ツインクール』だ。最大の特長はファンを下向きに設計したことで、これにより雨が内部に入らず湿気を防ぐことが可能となった。夏の雨の日は、レインウエアを着る人も多いが、頻繁にムレる。しかし、この商品を使えばウエア内も快適。この特性に一役買ったのは、やはり“防水”バッグの開発技術。アウトドアメーカーとしてのノウハウがここでも生かされた。

どんな服にも合うデザイン

どんな服にも合うデザイン

 さらに、『ツインクール』は装着時のシルエットを自然に見せることにもこだわった。そのためにはコンパクトさが重要だが、奥行きが小さくなるとその分ファンも小さくなってしまい、風力が低下する。そこで、ファンを横並びに2つ搭載した。これによって、コンパクトで自然な見た目と風力アップを両立させた。

 2021年4月、クラウドファンディングサイトで発売したところ、翌日には目標金額を達成。またたく間に先行販売分の数量を達成した。現在は増産体制も視野に入れているという。「LOGOSの考えるアウトドアというのは、キャンプやレジャーだけでなく、“一歩でも外に出たら、アウトドア”。その考えのもと、老若男女問わず、いろいろな人にボディエアコンを使ってほしいと考えていました。注目を集められたのは、そういった信念で企画開発にあたったからかもしれません」と浜西さんは話してくれた。

※女性セブン2021年6月17日号

ファン

ファン

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン