芸能

江口のりこと“激似”の安藤サクラを繋いだ「柄本明親子」の存在

「似ている」と話題の2人

「似ている」と話題の2人

 ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の国土交通大臣役で大ブレイク。今期ドラマ『ソロ活女子のすすめ』(テレビ東京系)では民放ドラマ初主演を務め、『ドラゴン桜』(TBS系)では主人公・阿部寛(56)の天敵として登場。現在、“最も旬な女優”と言われているのが江口のりこ(41)だ。

 その独特の雰囲気で、ドラマのみならず、映画やCMにもひっぱりだこの彼女だが、ここまでの道のりは決して平坦なものではなかった。映画関係者が話す。

「江口さんは実は、遅咲きの苦労人。中学生の時に女優を志した彼女は、高校に進学せずバイト生活を続け、2000年に『劇団東京乾電池』に入団しました。しかし、演劇だけでは食べていけず、住み込みで新聞配達をしながら徐々にバイプレイヤーとして名を上げていった。そして去年、彼女が40歳のときに出演した『半沢直樹』での怪演で、一躍お茶の間の人気者になったんです」

 不遇の時代を経て、押しも押されもせぬ売れっ子となった江口だが、彼女の話題が出るたびに、同時に名前が挙がるのが女優の安藤サクラ(35)だ。一体なぜなのか。芸能評論家の三杉武氏はこう解説する。

「センター分けの黒髪にトロンとした一重まぶたの日本人形のようなルックス。あまりにも顔がそっくりで“どちらがどちらか見分けがつかない”と話題なんです。顔だけではなく、一癖も二癖もある役柄を独特の解釈で演じるところもよく似ています。

 実は2人は2013年に『こうのとりのゆりかご~「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来~』(TBS系)で共演しています。ドラマでは江口さんが看護師、安藤さんが助産師を演じたのですが、2人とも白衣のため、撮影中は現場スタッフすらどちらがどちらかわからなくなり、色違いのカーディガンを着てもらうことで解決したのだとか」

 共通点はそれだけではない。意外なところで2人をつなぐのが、俳優・柄本明(72)親子だ。

 安藤は2012年、柄本明の長男・佑(34)と結婚している。また、江口の所属事務所には柄本の次男・時生(31)が所属しており、江口が看板女優を務める『劇団東京乾電池』の主宰は柄本明なのだ。

 不思議な因縁で結ばれた2人。柄本親子を含めた“夢の共演”が見てみたい。

関連キーワード

関連記事

トピックス