国内

林眞須美死刑囚の長女が飛び降り、16才孫が自宅死 周囲が見た家庭環境

林死刑囚の長女が孫と無理心中。和歌山カレー事件から23年目の悲劇(共同通信社)

飛び降り現場となった関空連絡橋では、6月14日にも同様の飛び降りが発生した(共同通信社)

 自宅にいた男性は、病院で物言わぬ長女に付き添ったのち、当日夜、カフェイン剤を大量摂取して自殺を図ろうとしたが、通行人の通報によって救急車で搬送された。6月15日現在、心桜さんへの虐待の疑いについて、和歌山県警が男性の聴取を進めている。母親は、4才の次女を連れ、救急車を追うように車を発進させたが、行き先は病院ではなく、関空の連絡橋だった──。

 そもそも、16才の少女に暴行を加える、もしくは死に至るまで見過ごす家庭環境とはどのようなものだったのか。

「あんな赤い外車に乗ってる人は、こんな田舎町ではあの人しかいないですよ」

 そう語るのは、現場周辺の住民。

「でも、だからといって派手な印象があるわけではないし、逆に優しそうな夫婦なんです。ふくよかな奥さんと線の細い旦那さんは仲がよさそうで、近所のスーパーで買い物中は女の子と手をつないだり、家の前で家庭用プールで遊んだり……。でも心桜さんを見たことはなかったですね。赤い車でも、奥さんが運転席、助手席に旦那さん、後部座席に小さな女の子というのが定位置でした。3人家族じゃないのね?」

 近所の誰にも記憶されていなかった心桜さんが意外な角度から注目を浴びたのは、事件発覚から4日後の6月13日。彼女が、23年前に和歌山市で発生した毒物カレー事件で、死刑判決が確定した林眞須美死刑囚にとっての初孫だったと報じられたのだ。そして、橋から海へ飛び降りた37才の女性が、眞須美死刑囚の長女の久美さん(仮名)だった。眞須美死刑囚の夫の健治氏(76才)が語る。

「一報を聞いて、警察署にこっちから行ったんですよ。それでも、私は一目も娘と孫の顔を見てやることもできんのです。警察はひどすぎます。こっちが娘かどうかということを聞いているのに、『まだ捜査中なんで、お伝えできない』とだけ。親の気持ちをまったく考えていない。親としては苦労ばっかりかけたと思います。まさか、こんなことになるとは……」

※女性セブン2021年7月1・8日号

林一家が住んでいた自宅の事件直後(共同通信社)

和歌山カレー事件当時、林一家が住んでいた自宅の事件直後(共同通信社)

和歌山カレー事件当時、林一家が住んでいた自宅の事件直後

林一家が住んでいた自宅の現在。いまは自治会が所有している

関連記事

トピックス