• TOP
  • 芸能
  • 田中邦衛さんの悲願だった『北の国から』40周年“同窓会”富良野で開催

芸能

2021.06.20 07:00  女性セブン

田中邦衛さんの悲願だった『北の国から』40周年“同窓会”富良野で開催

田中邦衛(写真/共同通信社)

田中邦衛さんの始まりの地ともいえる富良野に再集合(写真/共同通信社)

 往年のファンにはうれしい知らせが飛び込んできた。1981年の放送開始後、北海道を訪れる人が急増するなど、社会現象にもなったテレビドラマ『北の国から』(1981~2002年、フジテレビ系)。放送開始から40年を迎える今年、物語の舞台となった北海道富良野市では、さまざまな記念行事が開催される。

「第1話が放送された10月9日の前後に、40周年記念の“同窓会”を企画しています。ファンを集めて行う公開イベントで、当時のキャストも登壇する予定です」(ふらの観光協会の広報担当者)

 記念商品の発売やスタンプラリー、ロケ地を巡るツアーなどが計画されているが、目玉となるのは、ファンを集めてのイベントだ。

 2011年の30周年記念イベントには、中嶋朋子(50才)や竹下景子(67才)が登壇しており、今回も主要キャストの参加が期待されている。そんな節目を前に訃報が届いたのは今年3月。ドラマの主人公・黒板五郎を演じた田中邦衛さん(享年88)が老衰のため逝去した。

「今年は田中さんも亡くなったし、コロナ禍で無理をしなくても」という声もあったというが、開催を後押ししたのは、ドラマの「生みの親」の熱い思いだった。

「脚本を担当した倉本聰さん(86才)が“コロナで苦しいいまだからこそ、田中さんを忘れてはならない”との強い思いを抱き、『思い出せ! 五郎の生き方』をテーマに掲げました。懐かしの同窓会であるとともに、作品の精神を次の世代に引き継ぐイベントになりそうです」(テレビ局関係者)

 ドラマでは、地井武男さん(享年70)が演じた五郎の親友・中畑和夫が重要な役割を担った。中畑のモデルとなった富良野市麓郷地区の木材会社社長・仲世古善雄さんも秋のイベントを心待ちにする。

「ドラマの放送前は、森と畑しかない麓郷に観光客が押し寄せるなんて、夢にも思いませんでした。いまも想いを寄せてくれる人がたくさんいるのは、ありがたいことです」

関連記事

トピックス