芸能

立川こしら イベント感を重視する演出で聴かせる独自の『帯久』

立川こしらの大ネタ『帯久』について(イラスト/三遊亭兼好)

立川こしら独自の演出が(イラスト/三遊亭兼好)

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接してきた。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、緊急事態宣言によって、急遽オンラインイベントとなった立川こしらの月例会より大ネタ『帯久』についてお届けする。

 * * *
 東京での立川こしらの月例会「こしらの集い」、5月は7日の開催予定だったが緊急事態宣言で中止となり、代わりに当日披露するはずだった内容を予め無観客で収録して同日時にツイキャスで有料生配信する「こしら師匠と一緒に楽しもう! 東京こしらの集い」というオンラインイベントが行なわれた。アーカイブなしで、画面右下にはリアルタイムで自らの高座を視聴するこしらがワイプで映り続ける。イベント感を重視するこしららしい演出だ。

 披露されたのは『やかん』『帯久』の二席。通常は“鰻の由来”(ウがナンギしたから)で出てくるだけの鵜をあらゆる名前の由来に結びつけるこしら版『やかん』は鉄板ネタのひとつ。一方の『帯久』は2016年初演の大ネタで、2019年の再演に続き、僕が聴くのはこれが三度目だ。

 人の好い呉服屋の和泉屋与兵衛が腹黒い同業者の帯屋久七に大金を貸したことが仇となってすべてを失い、帯屋の酷い仕打ちに耐えかねて火付けをしてしまう、大岡裁きの『帯久』。六代目圓生が上方から東京へ移した噺で、立川志の輔の演目として知られるが、もちろんこしらの演出はまったく異なっている。

 こしら版『帯久』は、町内の鼻つまみ者の鉄次郎という若者を和泉屋が引き取って更生させ、番頭に育て上げるのが発端。やがて帯屋は和泉屋に返しに来た百両をそのまま懐に入れて帰り、それを元手に大儲け。和泉屋は火事が切っ掛けですべてを失い、暖簾分けしてもらった鉄次郎が和泉屋を引き取ると、それを申し訳なく思った和泉屋は帯屋に出向いて「昔の貸しがあるはず」と迫り、せめて三十両融通してほしいと言うが、叩き出される。絶望した和泉屋、魔が差して帯屋に煙草の火をつけたところを捕えられ、奉行所へ。

 ここで粋な大岡裁きが下されるのが本来の『帯久』だが、こしら版では和泉屋はそのまま死罪となってしまう。「俺が引き取ったりしなきゃよかったんだ」と悔やむ鉄次郎。

関連キーワード

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン