ライフ

歯の磨きすぎは逆効果? 歯周病予防には「弱い力でマッサージ」が重要

ブラッシング指導に力を入れてくれるかどうかも判断基準のひとつ。(Getty Images)

「歯は磨くほど良い」は間違い(写真/GettyImages)

 幼い頃、学校で「1日3回、3分間、食後3分以内に、しっかり歯を磨きましょう」と教わった人は多いだろう。関西在住の平尾美恵さん(仮名・42才)もその1人だ。虫歯予防のため、子供のときから歯磨きを熱心に行ってきたという平尾さんだが、40代になってから、歯の不調に悩むようになったという。

「年齢とともに歯茎がやせてきたので、それまで以上に時間をかけて歯を磨くようにしていたんです。子供の頃、『歯と歯茎の間をしっかり磨きましょう』と習ったので、歯の根元は特に丁寧に磨いていました。ところが、ある日、チョコレートを食べたら激痛が走ったので虫歯になったと思い、歯医者へ駆け込んだんです。しかし医師から『歯磨きのしすぎ』と注意されて混乱してしまいました」

 一体、どういうことなのか疑問に感じてしまうが、実は、大人の歯のトラブルではよくあること。さらに、その異変は思いがけない重大な病気へと転じる恐れがある。

歯周病予防は磨くよりマッサージ

 まず、問題なのは、正しい知識を持たないまま、「歯は、磨けば磨くほどいい」と勘違いしていることだ。神奈川歯科大学教授で、『ボケたくなければ「奥歯」は抜くな』(青春新書)著者の山本龍生さんが指摘する。

「よくある間違いは、歯ブラシを左右に大きく動かす磨き方です。これを続けていると、歯茎に強い負担がかかり、歯茎がやせて歯の根元が露出してしまう。歯茎がやせるのは加齢だと思っている人が多いですが、原因の大部分は間違った歯磨きによる圧力です」

 歯は、人体で最も丈夫な組織だ。それは、表面を強固なエナメル質が覆っているためだが、歯根にはエナメル質がない。エナメル質よりも柔らかい「象牙質」でできているため、力を入れて歯ブラシで磨くと削れてしまうことがある。

 圧力に加え、磨き方のクセも歯茎がやせる原因になると話すのは、山田歯科医院院長の山田豊和さんだ。

「『必ず奥歯から磨く』という患者さんは、片方の奥歯だけ象牙質が削れていました。磨き始めの場所がいつも決まっている人は、そこが削れてしまうことがある。磨き始めは歯磨き剤の濃度が濃く、研磨剤の影響で、すり減りやすいのです」

 誤った歯磨きは取り返しのつかない健康被害につながる。

「力任せのブラッシングが歯茎を傷つけ、歯茎が下がるにつれて歯根が露出し、象牙質が削れた状態を『楔状欠損』といいます。これは『象牙質知覚過敏症』を招き、ひどい場合は神経を取ることになります」(山田さん)

 歯の神経を取ると、象牙質の代謝ができなくなるため歯に栄養が行き届かず、もろくなって、将来的に抜歯につながる可能性が高くなる。

関連記事

トピックス