• TOP
  • ライフ
  • 革靴離れで進むスニーカー通勤 おじさんが履いてもダサくないビジカジシューズは

ライフ

2021.06.25 07:00  NEWSポストセブン

革靴離れで進むスニーカー通勤 おじさんが履いてもダサくないビジカジシューズは

若者のビジカジスタイルは機能性の高さと着回しの豊富さで人気に

カジュアルジャケットにスニーカーを合わせるビジネスマンが増えている

 コロナ禍も相まって、カジュアルなジャケットにスニーカーというラフな格好で通勤するビジネスマンが増えた。しかし、普段ビジカジスタイルを着慣れないおじさん世代の中には、どう見てもジャケットとパンツに不似合いなスニーカーを履いている人も多い。では、どんなスニーカーなら合わせやすいのか。ファッションジャーナリストの南充浩氏がアドバイスする。

 * * *
 長引くコロナ禍によるリモートワークの増加によって、ビジネススタイルも大きく変わりました。

 基本的に自宅で作業をするのに従来通りにワイシャツとスーツを着てネクタイを締めるのは、絵面としてはちょっと異様であり、仕事をしながらも家事や食材の買い出しに行くためには着替える必要があります。スーツ・ネクタイで食器洗いや掃除は不便ですし、近所のスーパーに行くのも不適当です。ですから、両方を兼ねてカジュアル感のある服装が求められることになります。

 その代表例がTシャツの上から軽いジャケットを羽織るスタイルでしょう。これならインターネット会議のときにはジャケットを羽織って、家事をするときにはジャケットを脱いでTシャツ姿になれます。ジャケットが苦手ならカーディガンを羽織るという手もあります。

 そのため、従来型のスーツは売れなくなり、当然のことながらそれに合わせるドレスシューズも売れなくなりました。

売れなくなったドレスシューズ

 こうした変化を象徴しているのが、青山商事、AOKI、はるやま、コナカといった大手紳士服チェーン各社の赤字です。通勤しないのならスーツは不要というわけです。

 同様にそれに合わせる革靴も売れなくなります。ドレスシューズで有名なリーガルコーポレーションの2021年3月期連結は、売上高192億円(対前期比34.1%減)、営業損失21億8100万円、経常損失20億8700万円、当期損失44億1700万円と大幅な減収と赤字に終わりました。本業の儲けを示す営業損失が22億円弱も発生したところにドレスシューズの売れ行きの悪さが証明されています。

 ファッション的にいえば、着ている服が従来型スーツではなくカジュアルセットアップなら、わざわざ革靴を合わせる必要はありません。

 もちろん、ファッションとして合わせる人がいても間違いではありませんが、マス層ではありません。カジュアル服の場合、ほとんどの人が現在ではスニーカーを合わせるのではないかと思います。

関連記事

トピックス