ライフ

革靴離れで進むスニーカー通勤 おじさんが履いてもダサくないビジカジシューズは

おじさんでもダサく見えないスニーカーは?

 そして肝心のスニーカーですが、若い人ならメカニカルなデザインのハイテクスニーカーでも似合いますが、慣れていないおじさんなら、コンバースのオールスターやジャックパーセル、アディダスのスタンスミスやスーパースターのようなオーソドックスなスニーカーがお勧めです。

 

コンバース「ジャックパーセル」(公式HPより)

コンバース「ジャックパーセル」(公式HPより)

 色はアクティブ感を出したいなら白ですが、逆に足元だけが目立ってしまいますので、黒、紺、薄グレーなどのカラーの方がお勧めです。

 ただ、やっぱりスニーカーを合わせ慣れないオジサンが無理をする必要はなく、なるべくドレスシューズっぽい物を合わせたほうが無難ではあります。

 たとえば、コンバースの「CONVERSE SKATEBOARDING」のスリッポンタイプ、中でも特にアッパーもソールも真っ黒のタイプがお勧めです。靴底だけが白いタイプもありますがオールブラックのほうがしっくりきます。なぜかというと、靴底が白いとスポーツテイストになってしまいますが、すべて黒いと遠目には黒のローファーに見えるからです。

コンバース「SKATEBOADING」(筆者撮影)

コンバース「SKATEBOADING」(筆者撮影)

 ローファーは正しくはスーツに合わせる靴ではありませんが、アイビールックでもおなじみのトラッド靴ですから、カジュアルセットアップやジャケットパンツスタイルに合わせると通常のスニーカーよりはドレッシーに見えます。

 そしてこのローファーっぽいスリッポンタイプのコンバースは我々おじさんが履いても最も違和感のないスニーカーだといえます。現在はABCマートでも5500円弱で売られていますから、一度挑戦してみてはどうでしょうか。

関連記事

トピックス