スポーツ

西本幸雄氏から山田久志氏へ「プロはマウンドに上がるまでが勝負」

山田久志氏が西本幸雄監督からの言葉を振り返る(写真/共同通信社)

山田久志氏が西本幸雄監督からの言葉を振り返る(写真/共同通信社)

 師から弟子に受け継がれた教え。時を経た後により深く真意が理解できることもある。大毎、阪急、近鉄を率いて8度のリーグ優勝を果たしながら、一度も日本一になれなかった“悲運の名将”として知られる西本幸雄氏。阪急監督時代の1968年、ドラフト1位指名で獲得したのが社会人野球出身の山田久志氏だった。しかし、山田氏は即戦力と期待されながらプロの壁に苦しみ、ルーキーイヤーは勝ち星を挙げられなかった。山田氏が、当時の西本氏からかけられた言葉を振り返る。

 * * *
 2年目も開幕から6連敗と、まったく勝てませんでした。そんな5月の試合前、西宮球場の食堂で天ぷらうどんを食べていた西本監督に呼ばれたんです。

「山田よ。お前はよく頑張ってるけど、プロのピッチャーはマウンドに上がるまでに勝負がついているんだぞ」

 当時はよくわからなかったのですが、プロで経験を積むほどにこの言葉が身に沁みました。最高のコンディションでマウンドに上がるのはもちろんですが、ピッチャーが必死に準備している姿を見て、野手が「なんとか助けてやろう」とチーム一丸になる。その大切さを言いたかったのだと思います。

「この世界で長くやるためには、最後はコントロールや」とも言われましたが、この言葉には投球だけでなく気持ちのコントロールも含まれている。いつも深い意味がありました。

 西本さんは寡黙。お酒も飲まないし、試合後に食事も誘わない。だから球場でかけられるひと言がとても重かった。連敗した時にも、

「山田よ。ちょっとぐらい勝てへんでも、へこたれたらアカン。苦しいかもしれんが、コツコツやっとったら、お天道さまはお見通しや」

 そう言って私を使い続けてくれました。

 西本さんは「悲運の名将」と呼ばれましたが、日本シリーズで巨人に勝てなかったのは、「西本さんのために」と選手にプレッシャーがかかり過ぎたからかもしれません。それぐらい西本さんに育てられ、西本さんを慕う選手が多かった。同期入団のフクさん(福本豊)や加藤(英司)も一緒です。

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン