スポーツ

実力と礼儀正しさを兼ね備える大谷翔平を生んだ両親の教育方針とは

ファンにボールを手渡す大谷翔平(時事通信フォト)

ファンにボールを手渡す大谷翔平(時事通信フォト)

 ロサンゼルス・エンゼルスで大活躍する大谷翔平(26)の魅力はもはや、卓越したアスリートとしての能力だけではない。礼儀正しさや周囲への気遣い、そうした振る舞いを含めてファンは魅了されている。彼の類稀なキャラクターは両親の教育の賜物だ。

 とはいえ、大谷家はしつけのために特別な“家庭内ルール”を設けることもなかった。

『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』(扶桑社刊)の著者でスポーツジャーナリストの佐々木亨氏が教育方針を訊ねると、父・徹さんはこう答えたという。

「これといったしつけみたいなものはありませんでしたよ。ごくごく普通。私たち親が『おはようございます』『お休みなさい』を言う。あるいは、自分が食べたものは自分で片づける。そんなごく当たり前の普通のことを親が率先してやれば、その姿を子供たちは見て自然とやるようになるのかなあとは思っていましたけど、思い当たるのはそれぐらいですね」

 末っ子の大谷(7歳上の兄と2歳上の姉)は、家族の姿を見て学び取るのが上手だった。姉が両親から何か叱られれば決して同じことをやらない要領のよさもあったという。

 本人の意思を尊重し、見守る──。それは大谷家の教育に通底するテーマだ。

「大谷選手は、親から勉強しなさいと言われたことはないと話しています。リビングのソファでそのまま寝てしまっても、両親は『歯を磨け』『ご飯を食べろ』などと言って起こすことなく、そのまま朝まで寝かせることもあった。細かいことには口を出さない姿勢が、大谷選手の大らかさ、朗らかさにつながっているのかもしれません」(佐々木氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン