スポーツ

アントニオ猪木から前田日明へ「舐められたらキメてしまえ」

前田日明氏がアントニオ猪木の訓示を振り返る(時事通信フォト)

前田日明氏がアントニオ猪木の訓示を振り返る(時事通信フォト)

 師の教えは脈々と弟子に受け継がれていく。時を経て真意がより深く理解できるからこそである。格闘家・前田日明氏が、アントニオ猪木からかけられた言葉を振り返る。

 * * *
 もともと空手をやっていて、新日本プロレス営業本部長だった新間寿さんにスカウトされ、「米国でモハメド・アリの弟子にしてやる」と口説かれた。米国で生活したいという夢もあったので入門を決めました。自分がプロレスラーになるなんて考えてもいなかった。

〈1977年に新日本プロレスに入った前田は、当時人気実力ともに絶頂だった猪木の付き人になる。1984年に新日本プロレスを離脱し、新団体UWFへの移籍を発表。異種格闘技戦でも無類の強さを発揮し「新格闘王」と称された〉

 佐山聡さん(初代タイガーマスク)が付き人をしていたんですが、『格闘技大戦争』というキックの試合への出場が決まり、その練習に専念しなければならないということで、右も左もわからないまま、入門間もない自分が付き人になりました。1日の仕事を口頭で教えてもらっただけで、何をすればいいのかもわからない。細かい失敗はいっぱいしましたが、猪木さんはまったく怒らなかった。怒鳴られた記憶もありません。

 入門して2か月目に猪木さんとスパーリングする機会があって、「何でもやってこい」と言われた。『空手バカ一代』の中で“プロレスラーには目突きと金的攻撃だ”と描かれていたので、その調子でかかっていったら、先輩レスラーにこっぴどく怒られました(笑い)。

 それからプロレスラーとしての修行を積み、1年ほどしてデビュー。試合後、新間さんに「アリの話はどうなりました?」と尋ねたら、「なんの話だ?」と完全に忘れられていた(苦笑)。

 猪木さんは試合や練習態度については厳しかったですね。プロレス八百長論なんかが言われていた時代で、猪木さんと新日本プロレスが矢面に立って戦っていた。だから猪木さんは、

「新日本プロレスは技と力をぶつけ合う競技になっていく。お前たちは実力をつけなくちゃダメだ」
「外国人レスラーが舐めたことをしてきたら、構わないからキメてしまえ」

 とよく言っていました。

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン