ライフ

京の“古と新”の風が吹き抜ける角打ち 店主が腕を振るうつまみが自慢

 二条城が聳(そび)える京都市中京区の西側、京都市営地下鉄東西線・西大路御池駅から北へ、通りを挟んだ静かな住宅街に向かってすぐに、『高木与三右衛門商店』の看板が見えてくる。

 ガラス扉が開け放たれ、涼やかな京の風が通り抜ける店の奥では、一見強面だが笑うとチャーミングな3代目店主の高木雄司さん(56歳)が迎えてくれる。

「熱々のビフカツ、これが肉厚で最高のご馳走やね。あっというまに食べてもうた。店主はいっつも厨房で一生懸命揚げもんしてはって、穴子や野菜の天ぷらも食べ応えありますよ」(20代、製造業)

「刺身が新鮮で安い。毎日変わるから飽きないね。今日のきずし(しめ鯖)も旨い」(50代)

 と称賛される数々のつまみが、入り口近くのショーケースに所狭しと並んでいる。

「この穴子の天ぷらでっかいやん? ユージ(店主)は、ほんまいつもお客さんが驚くようなもん出してますよ。高校の仲間たちも、しょっちゅう集まってます」とは、週一で店を手伝ってるという店主の同級生の談。

「客の期待を超えたい」と熱い店主の手料理をつまみに常連客が皆笑顔だ

「客の期待を超えたい」と熱い店主の手料理をつまみに常連客が皆笑顔だ

「角打ちなのにここまでやるかっていう意外性が私の信条なんです。いつもお客さんの期待を超えたいって思ってるんですよ」と熱っぽく語る店主が、先代の亡き父から受け継ぎ、実家の酒屋で角打ちを始めたのは6年前のこと。

「実家を出て長年飲食店で働いていたんですが、2代目にあたる親父が病気で倒れて。かけつけた病院で顔を見たときに腹を決めて『俺が継ぐ!』って宣言しました。

 親父は、お前に何ができるんかって笑ってましたけど、ご先祖様に呼び戻された気ぃしてね。初代のじいさん、与三右衛門を店の名に冠しました。

 昔の仲間たちが集まれる場所になったらいいなって思って、育ったこの場所で角打ちをやりたかったんですよ。

 お陰様で、いまでは地元の交流の場になってます。コミュニティーがここから広がっているのが嬉しいですよね」(店主)

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン