ライフ

医師が解説 糖尿病患者の脱インスリンのための「タンパク脂質食」

脱インスリンのための方法を水野雅登医師が解説

脱インスリンのための方法を水野雅登医師が解説

「インスリンは一生のつきあい。始めたらやめられません」。糖尿病が進行してインスリンが必要になると、医師からそう告げられる。糖尿病患者は過去最大の約329万人を記録し、合併症により下肢切断に至る患者は年間1万人超とされ、インスリンは糖尿病患者の“命綱”。そう簡単に、服用をやめられるものではない。

 しかし、『糖尿病の真実』(光文社新書)の著者・水野雅登医師は、これまで2型糖尿病(※注)患者84例すべてで脱インスリンを実現させた。

(※注 糖尿病は原因によって「1型糖尿病」と「2型糖尿病」に分類される。1型は「膵臓のβ細胞が壊れ、インスリンがほとんど分泌されなくなる」、2型は「主に生活習慣により、インスリンの分泌量が減った」ことによるもの。糖尿病患者の95%が2型糖尿病に当たる)

 かつては製薬会社から「この地域で一番インスリンを処方している医師」と“評価”された時代もあった水野医師だが、自身が診た患者の経過を調べたところ矛盾に気づいたという。

「インスリン注射や内服液を処方した患者のほうが、糖尿病の合併症が進んでいたのです。また、インスリン注射は膵臓を休ませるはずが、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞が分泌能力を失っていたのです」

 そこで始めたのが「インスリン・オフ療法」だ。

 60代後半の男性の症例は、BMI30超えの肥満(2度)で、糖尿病のリスクを判別するHbA1c(日本糖尿病学会のガイドラインでは正常値4.6~6.2%)も8.3%と重度の糖尿病患者だった。インスリンを1日に48単位(1単位=0.01ml)も使用していたが、インスリン・オフ療法で、完全にやめられたという。

「初診時からインスリンをやめ、食事の指導をしました。3か月後には、HbA1cが6.8%に改善し、半年後も6.9%と安定しています。76.6kgあった体重も8kg減った」

 改善をもたらした食事指導の中心は「タンパク脂質食」だった。

「タンパク脂質食は、糖質を控え、タンパク質と脂質を中心に摂る食事法で、1日に最低でも自分の体重の1.5倍以上のグラム数(体重60kgなら90gという意味)のタンパク質を摂る。意識して摂っているつもりでも、ほとんどの人が足りていません。

 たとえば、玉子1個食べてもタンパク質は6.7gほどしかないので、足りない分は朝と夜にプロテインを飲んでもらったりすることもあります。こうして筋肉を増やすことで糖の消費を促進し、膵臓を休ませることでβ細胞の働きを回復させます」

 ただし、自己判断で始めるのは危険だという。

「糖尿病の治療薬SU剤のように糖質を大幅に下げる薬を飲んでいた人が糖質制限をすると、低血糖になってしまいます。必ず主治医と相談してください」

※週刊ポスト2021年7月16・23日号

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト