隣に並んで歩く

隣に並んで歩く

 公的な活動とともに、私生活でもある構想を抱いていた。その舞台となるはずだったのが冒頭のマンションだ。福原の知人が明かす。

「新居は静かな高台に建つ、床面積が300平方メートル近い大豪邸です。価格は3億円をくだらないそうです。もともと愛ちゃんはこの家に2人の子供と母親と住む計画を立てていた。まだ小さい子供たちがのびのびと遊べる素敵なおうちを選んでいたんです」

 福原は新婚半年で購入した都内の一戸建てを売却し、その資金を新居購入に充てる計画だったようだ。

「前の戸建ては1億円ほどで購入したもの。こちらも広さは充分でした。でも彼女は江さんとの離婚を念頭に、心機一転して新生活を送ることを決めていた。そのための新居購入でした」(前出・福原の知人)

 たったひとりで台湾での生活を清算した福原は、今年初めに日本に戻ってから半年間、子供たちに会っていない。

「周囲には『コロナもあるし、台湾に行くとパパラッチがうるさいから』と語っていますが、半年も子供たちと会わないことを台湾メディアは『残忍』と報じました」(前出・台湾人ジャーナリスト)

 子供たちだけではない。今年3月下旬に帰国した母親も福原と同居していないという。

「介護が必要な千代さんのお世話はしているけど、一緒には暮らしていないようです。愛ちゃんにとって家族は頼ったり甘えたりする存在ではなく、常に緊張感をもって接する関係でした。

 母親とは子供との生活を何より大事にするものだといわれても、彼女は親子関係の築き方がわからないという不安を抱いていた。子供をポイッと置いてきたことに批判もあるでしょうが、彼女にとってはいままで通り一家の大黒柱として働くためには、子供や母と離れて暮らすことが最善だと思ったのでしょう」(前出・福原の知人)

※女性セブン2021年7月29日・8月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン