芸能

稲垣・草なぎ・香取 1億6329万円の現代版「ノブレス・オブリージュ」

コロナ収束へ向けて支援活動を続ける稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾。

コロナ収束へ向けて支援活動を続ける稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾。

 おしゃれなお中元をいただいた。「J_O CAFE」とロゴの入った紙コップに紙ストローもついたアイスコーヒーが作れる水出しコーヒーのパックのセット。これは稲垣吾郎がディレクションする銀座のカフェ『J_O CAFE』(ジョーカフェ)が販売しているもの。先が見えないコロナ禍で、営業時間が短縮となったり店舗を休業する時期もあったが、この人気カフェの気分を自宅でも味わえるとあって話題になっている。

『J_O CAFE』とは、香取慎吾とスタイリスト祐真朋樹氏が手がけるファッションストア『JANTJE_ONTEMBAAR』(ヤンチェ_オンテンバール)の新業態店舗。そして、オープン3周年を迎える『JANTJE_ONTEMBAAR』はさらに進化し、8月25日に店舗を日比谷から丸の内へ移転する。

「『JANTJE_ONTEMBAAR』を始める時から、僕たちがつくりたかったのは、そこに行くだけで、ワクワクするような洋服屋。ちょうど3周年の今、さらに面白さを増して、“J_O”はもっと前に進んでいきます」

 と香取。新店舗オープンに際しては、世界的なファッションブランド『ANNA SUI』とのコラボを含めたコレクションを展開など、いわゆる“タレントのアパレルショップ”とは全く次元の違うビジネスとして確立されている。

スタイリストの祐真朋樹氏とディレクターを務めるブランド『JANTJE_ONTEMBAAR』は日比谷の帝国ホテルプラザ内から、丸の内の路面店へ“お引っ越し”する。

スタイリストの祐真朋樹氏とディレクターを務めるブランド『JANTJE_ONTEMBAAR』は日比谷の帝国ホテルプラザ内から、丸の内の路面店へ“お引っ越し”する。

 一方、草なぎ剛は主演映画『ミッドナイトスワン』が、7月2日まで北イタリアで行われていた「ウディネ・ファーイースト映画祭」コンペティション部門において、観客によって選出される「ゴールデン・マルベリー賞」を受賞。映画祭に参加した45作品のうち、イタリア現地の映画ファンから最も支持されるという栄誉に輝いた。

「第44回日本アカデミー賞」でも最優秀男優賞、最優秀作品賞など、国内外でも絶賛された話題作『ミッドナイトスワン』がWOWWOWで8月にテレビ初放送。また、草なぎがこれまでに主演した6作品の映画を特集する「『ミッドナイトスワン』放送記念!俳優 草なぎ剛」も放送される。

「第44回日本アカデミー賞」でも最優秀男優賞、最優秀作品賞など、国内外でも絶賛された話題作『ミッドナイトスワン』がWOWWOWで8月にテレビ初放送。また、草なぎがこれまでに主演した6作品の映画を特集する「『ミッドナイトスワン』放送記念!俳優 草なぎ剛」も放送される。

 3人それぞれが個性と時代を読んだ鮮やかな活動をみせる中、新しい地図&日本財団による基金『LOVE POCKET FUND』(愛のポケット基金)「コロナ対策プロジェクト」が1億6329万円を寄付したと発表された。

 この支援は同基金の第8弾支援で、全国の34病院に各病院が必要とする医療機器購入の援助としての寄付。立ち上げ以来の最高金額となり、今後もさらなる支援が必要として募集期間を2022年3月31日まで延長した。    

ワイン好きでも知られる稲垣は『BISTORO J_O』と『J_O CAFE』のディレクションも行う。

ワイン好きでも知られる稲垣は『BISTORO J_O』と『J_O CAFE』のディレクションも行う。

「皆さんからの貴重な寄付を多くの方々のために活用させていただけることを心から感謝申し上げます。各病院への支援が困っている方の少しでも助けになればと思います」(稲垣吾郎)

草なぎの主演映画『ミッドナイトスワン』は総動員数約57万6000人、興行収入7億9000万円超で現在も記録を更新中。

草なぎの主演映画『ミッドナイトスワン』は総動員数約57万6000人、興行収入7億9000万円超で現在も記録を更新中。

「日々、寄付をしてくださっている皆さん、本当にありがとうございます。感謝の気持ちを込めて皆さんに寄り添っていけたらと思います」(草なぎ剛)

昨年8月に行われた第5弾支援では緊急医療施設へドクターカー等を送った。日本医科大学でのお披露目会には草なぎも参加した(ドクターカーの中で横になっているのは人形)。

昨年8月に行われた第5弾支援では緊急医療施設へドクターカー等を送った。日本医科大学でのお披露目会には草なぎも参加した(ドクターカーの中で横になっているのは人形)。

 日本ではまだあまり浸透していないが「ノブレス・オブリージュ」という言葉がある。フランス語の「Noblesse(貴族)」と「Obliger(義務づける)」に由来し、19世紀から欧米で誕生した「社会的地位のある人は果たすべき責任がある、社会的貢献をするべき」という概念だ。

 草なぎが徳川慶喜役として出演する大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)の主人公・渋沢栄一も幕末から明治時代を生き抜く中で欧米から学び、「富を手にした人は社会のために手助けしなくてはならない」と説いている。

 新しい地図の3人の行動は、現代の「ノブレス・オブリージュ」の姿ではないかと思う。かつて香取に取材をした際、普通に街を歩いているという香取に、「たくさん声をかけられて、たいへんではないですか?」と質問したことがある。するとこんな答えが返ってきた。

「“あーっ!!”って反応されますよ(笑い)。だから僕はどこに行っても知り合いがたくさんいるんだって思うようになりました」

 変装してこそこそ隠れたりせず、「香取慎吾だ!」と気づいた人には「こんにちは!」と自分から声をかける。皆が知り合いだから、と。そんな考えをもっている彼らだからこそ、

「皆さんからいただいたご支援が、たくさんの笑顔を作っています。あなたの愛に感謝しています。まだまだ大変な時間が続いていますが、一歩づつ前に進んでいきましょう。一緒に」(香取慎吾)

 というコメントが心から自然に発せられていると信じられる。

再演となった三谷幸喜氏のオリジナルミュージカル『日本の歴史』に出演中の香取。

再演となった三谷幸喜氏のオリジナルミュージカル『日本の歴史』に出演中の香取。

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン