• TOP
  • 国内
  • 池袋暴走死傷事故「軽すぎる」禁錮7年の時代遅れな理由

国内

2021.07.17 07:00  NEWSポストセブン

池袋暴走死傷事故「軽すぎる」禁錮7年の時代遅れな理由

家族3人でいろいろなところへ旅行した松永さん一家。平成30年には北海道へ。見渡す限りの広大な大地を3人で走り回った。

家族3人でいろいろなところへ旅行した松永さん一家。平成30年には北海道へ。見渡す限りの広大な大地を3人で走り回った。

 池袋暴走死傷事故の第9回公判(7月15日)で、いまだ無罪を主張する飯塚幸三被告(89)を前に、心情等の意見陳述を行った遺族の松永拓也さん。妻・真菜さん(当時31才)と長女・莉子ちゃん(当時3才)との幸せな日々から突然2人の命を奪われた事故当時を思い返して記していくという、想像を絶するような苦しい作業にも半年以上かけて向き合ってきた。

「去年末から準備をし始めて、1行書いては涙が止まらなくなって消して、書いて、また消して、それを毎日繰り返して書きました、向きあう時間は苦しい時間でした。でも、2人の生きていた姿をありありと想像してほしかった。遺族がどれくらい苦しめられているのか被告人に知ってほしかった。意見陳述を終えて、辛かったけれどやってよかったとは思います」(松永さん)。

 準備された原稿はA4用紙11枚にわたって綴られていた。

【真菜とは、平成25年、沖縄の母方の親族の集まりで出会いました。私が27歳、真菜が26歳でした。二人で夕食を共にすることになり、待ち合わせで出会った瞬間に、とても美しい人だと思い、私は一目惚れしました。真菜は寡黙な性格でしたが、食事中ずっと私の話を笑顔で聞いてくれました。

 温かく穏やかな真菜の人柄に惹かれ、東京に帰ってからも毎日電話をし、月に2〜3回は東京から沖縄に会いに行きました。様々な観光地や島巡りをし、これ以上無い程に楽しい日々でした。今でも色褪せない大事な思い出です。真菜は人の悪口や愚痴を決して言わない人でした。出会った日から亡くなる日まで、たった一度も聞いたことがありません。私はそんな彼女を、心の底から尊敬していました。

 真菜に交際を申し込みましたが、二度断られました。後で知ったのですが、真菜はお姉さんを白血病で亡くしており、ご家族のことを想うと、どうしても沖縄を離れる決断が出来なかったそうです。

 その年の11月4日、これで駄目だったら諦めようと心に決め、3度目の交際を申込みました。真菜は、「今日は何日か知っている?11月4日だよ。『いいよ』の日だよ。」と照れくさそうに言い、交際を受け入れてくれました。言葉で言い表せないほど嬉しかったです。

 その後も遠距離で交際を続け、平成26年5月にプロポーズしました。「頼りない男だけど、あなたを幸せにしたい気持ちは誰にも負けません」。そう伝えると、真菜は「嬉しい」と言い、泣き出しました。その様子を見て、彼女を幸せにしようと心に誓いました。】(以下【】内、松永さんが第9回公判で述べた心情等の意見陳述より)

関連記事

トピックス