芸能

乳がん治療を乗り越えた女優・小栗香織、23年ぶり歌手活動を語る

現在、裏方として活躍している小栗が新曲

小栗香織さんが新曲をリリース

『11PM』カバーガールとして人気を博し、映画『Love Letter』にも出演した女優の小栗香織さんは、現在は「Kaori Oguri」として女優のグラビアをプロデュースする“裏方”として活躍中だが、このたび歌手・小栗香織として7月21日に新曲をリリースした。

「また歌をやりたいなと思っていた2年前に、ミュージシャンの八文字裕紀さんと出会って意気投合し、少しずつ準備をつづけてやっと実現しました。コロナ禍のこんな時代だからこそ、自分にしかできない何かを発信したかったんです」

 曲名は『寄り添って』。作詞・作曲は八文字氏が手がけた。大切な人と寄り添う時間の心の動きを描いた、切ないけれど心が温かくなるミディアムテンポのラブソングだ。

 小栗さんが歌手として活動するのは実に23年ぶり。1996年にボサノヴァ、1997年に自らウクレレを弾くハワイアンの曲をリリースして以来だ。

「歌手活動を始める前、もともと小泉今日子さんの歌が好きで、カラオケでよく歌ってたんです。十八番は、『あなたに会えてよかった』とか『優しい雨』かな。ある日、友人から『キョンキョンに声が似てるね』って言われたのがきっかけで意識するようになりました。今回は長いブランクがありましたけど、一人カラオケに行ったり、クルマの中で歌ったりして練習しました」

 小栗さんは2016年に乳がんが発覚し、摘出手術を受けた。その後も投薬治療を続け、この7月に5年間の治療を終えたばかり。

「むくみや太りやすさなどの副作用と付き合っていくのは本当に大変でしたが、再発や転移もなく5年の節目を迎えることができました。今回の新曲で私自身もパワーをもらいたいし、みんなにも癒やしを届けられればうれしいです。今後は自分で作詞した曲も発信して、コロナが落ち着けばライブもやりたいですね」

 新たな人生を後押しする、大切な一曲になるはずだ。

【プロフィール】
小栗香織(おぐり・かおり)/女優・プロデューサー。横浜でスカウトされ、豊島園夏のイメージガールでCMデビュー。『11PM』(日本テレビ系)金曜カバーガールとして人気を博す。その後、CM、映画、ドラマなどに数多く出演。岩井俊二監督の映画『Love Letter』に出演し、日本だけでなく韓国でも人気に。グラビアでも活躍し、多くの写真集も発売。現在は女優活動のほか、新人タレントや女優のプロデュースも手がけている。

https://linkco.re/56ey8fv6

撮影/西田幸樹

関連キーワード

関連記事

トピックス