芸能

“ちんけな不良”表現する鈴木伸之の実力 悪役の“リアルさ”で圧倒

劇団EXILEの鈴木伸之

どんな悪役も演じ分ける鈴木伸之

 7月9日より公開された北村匠海(23才)主演の映画『東京リベンジャーズ』。最初の土日2日間で38万6000人を動員し、興行収入は5億2800万円を記録、映画ランキングも首位でのスタートを切った。2週目も順調に数字を伸ばし、観客動員数は累計で110万人、興行収入は15億円を突破している。人気若手俳優陣が勢揃いしているだけに、大きな注目を集めている本作。映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんは、若手俳優陣の中でも特に“MVP”を贈りたいのがキヨマサ役を務めた鈴木伸之(28才)と話す。

 * * *
 本作を一言で表すならば、“ヤンキーSFアクション”映画。不良同士の友情や敵対者たちとの抗争、タイムリープなどのSF要素が有機的に絡み合い、作品を構成している。そこに俳優たちの好演も加わって、劇場に足を運んだ多くの人が高い満足度を得ているようだ。TwitterなどのSNSでは、「演技に引き込まれてあっという間に2時間が過ぎる」、「マンガの実写映画なのに、登場人物たちに違和感がない」といった口コミが多く見られる。

 本作は、『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載中の和久井健による同名マンガを、『ハンサム★スーツ』や実写版『映像研には手を出すな!』などを手掛けた英勉監督(53才)が実写映画化したもの。20代後半に差し掛かっても冴えない日々を送る主人公が、高校時代の恋人の訃報を知り、不意に10年前へとタイムリープ。愛する人の死を防ぐため、そして何より、自分自身の“現在”を変えるために奮闘する姿が描かれる。

 物語のあらすじはこうだ。ある日、高校時代の恋人が殺されたことを知った主人公・タケミチ(北村匠海)。事件には、ヤクザも恐れる半グレ集団・東京卍會がどうやら関与しているようだ。事件を知った翌日にタケミチは、駅のホームから転落。目を覚ますと、なぜか10年前の高校時代にタイムリープしていた。恋人を救うため、自分の人生を変えるため、タケミチのリベンジが始まる。

 先の口コミのとおり、本作では物語の設定や、各キャラクターに適した俳優が配されている。ボリュームのあるマンガを映画の尺に収める過程で、原作から削られたり改変されたりする箇所があるが、それでも、キャスティングに関しては多くの原作ファンの納得の声が聞かれる。快活な演技で“作品の顔”を務めた北村匠海や、過去と現在で一人の人間の“陰と陽”とを演じ分けた磯村勇斗(28才)、その佇まいと熱量で人気キャラに命を与えた吉沢亮(27才)と山田裕貴(30才)コンビなど、俳優たちの演技の質の高さを挙げればキリがない。その中でも、筆者が圧倒的に心を掴まれたのがキヨマサ役を演じる鈴木伸之だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン