北村匠海一覧

【北村匠海】に関するニュースを集めたページです。

ボーカルの北村匠海は俳優として大ブレイク中(時事通信フォト)
新作映画が話題の北村匠海 若手俳優陣をリードする変幻自在の表現
 9か月の公開延期を経て、7月9日より公開となった北村匠海(23才)主演の映画『東京リベンジャーズ』。最初の土日2日間の観客動員数は38万6000人、興行収入は5億2800万円を突破し、映画ランキングでも堂々の1位でスタートを切った。共演には、吉沢亮(27才)や山田裕貴(30才)など“主役級”の俳優がここぞとばかりに結集しているが、そんな座組を中心で引っ張っているのが北村だ。彼の活躍について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが語る。 * * * 早くから大きな注目を浴びていただけに、公開後3日間の累計観客動員数が51万人を突破した『東京リベンジャーズ』。本作は、『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載中の和久井健による人気マンガを、映画『トリガール!』や『ぐらんぶる』などの英勉監督(53才)が実写映画化したもの。“原作モノ”に批判の声はつきものだが、俳優たち一人ひとりの熱の入った好演が、見事に実写化成功へと繋がっている印象だ。 本作のジャンルを一言で表すならば、“ヤンキーSFアクション”といったところ。冴えない日々を送る主人公・タケミチ(北村匠海)が、高校時代の恋人が殺されたことを知り、ひょんなことから10年前にタイムリープ。ヤクザも恐れる半グレ集団・東京卍會が事件に関与するなか、かつての恋人を救い、自分自身の人生を変えるために奔走する姿が描かれる。 そんな本作の実写化は、演者たちの強力な布陣によって実現している。主演の北村や吉沢、山田のほか、杉野遥亮(25才)に今田美桜(24才)、鈴木伸之(28才)、眞栄田郷敦(21才)、清水尋也(22才)、磯村勇斗(28才)、間宮祥太朗(28才)ら人気俳優が大集結。いずれも映画やドラマに獅子奮迅の活躍を見せる俳優たちで、“全員主役級”の作品と言っても言い過ぎではないだろう。名実ともに、第一線にいる若手俳優陣が並ぶのが『東京リベンジャーズ』なのである。そして、このメンツの中心に立っているのが主演の北村だ。 彼もまた、近年目覚ましい活躍を見せる俳優の一人。子役からキャリアをスタートさせたこともあり、既に人生の半分の時間を俳優として歩んできた。それがここ数年、特に“飛躍の年”が続いている印象だ。映画『君の膵臓をたべたい』で主演を務めて以降は作品のメインキャストの一人に名を連ねることが一気に増え、昨年は初の単独主演作『とんかつDJアゲ太郎』を含めた4本もの主演映画が世に出た。それも、アップテンポなコメディからシリアスなヒューマンドラマまで、参加作品のジャンルだけでなく演じるキャラクターの振れ幅も大きく、挑戦的な活動が続いている。 一方、本作で北村が演じる役どころは、主役でありながらこれまでの役柄の中で最も“普通”と言える。吉沢が演じるマイキーや山田の演じるドラケンは圧倒的な強さを誇り、鈴木演じるキヨマサはタケミチにとって天敵であり極悪人。いずれも強い個性が際立つキャラクターで、冴えないタケミチはその佇まいからして負けている。しかし、過去に戻りそんな自分を変えていこうとするのがタケミチという男だ。個性の薄いキャラクターに彩りを与えるために工夫された北村の表情や声から、彼の実力が見えてくる。 劇中での北村は、過去と現在という異なる時間軸での違いはもちろん、気の置けない仲間たちや敵対する人物、恋人の前とでそれぞれ表情を変えている。喜びや悲しみ、怒り、焦りなど、シーンに応じてくるくると変幻自在だ。また、タケミチという不完全な人物を表現するために、表情だけでなく声も普段の北村自身のものより高く、演じるうえでタケミチという人物を冷静に捉え、丁寧に役に落とし込んでいるように思うのだ。北村本人も原作ファンであり、実写化されるならタケミチ役を演じたいと願っていたようだが、その想いがしっかりと役に反映されていたように感じた。 これまで、タケミチのような弱々しい役や三枚目の役のほか、映画『アンダードッグ』のように硬派な役も全うしてきた北村。本作で北村がタケミチ役に起用されたのは、見た目が役に合っていること以上に、本作の強力な座組の中心に立てるだけの実績が彼自身にあったことが大きな理由だろう。実写化が成功したいま、俳優としてさらに一段キャリアを積み、若手俳優陣の中でも一歩先を進む北村。今後若手のトップとして活躍していく姿が楽しみだ。【折田侑駿】文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。
2021.07.27 16:00
NEWSポストセブン
“ちんけな不良”表現する鈴木伸之の実力 悪役の“リアルさ”で圧倒
“ちんけな不良”表現する鈴木伸之の実力 悪役の“リアルさ”で圧倒
 7月9日より公開された北村匠海(23才)主演の映画『東京リベンジャーズ』。最初の土日2日間で38万6000人を動員し、興行収入は5億2800万円を記録、映画ランキングも首位でのスタートを切った。2週目も順調に数字を伸ばし、観客動員数は累計で110万人、興行収入は15億円を突破している。人気若手俳優陣が勢揃いしているだけに、大きな注目を集めている本作。映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんは、若手俳優陣の中でも特に“MVP”を贈りたいのがキヨマサ役を務めた鈴木伸之(28才)と話す。 * * * 本作を一言で表すならば、“ヤンキーSFアクション”映画。不良同士の友情や敵対者たちとの抗争、タイムリープなどのSF要素が有機的に絡み合い、作品を構成している。そこに俳優たちの好演も加わって、劇場に足を運んだ多くの人が高い満足度を得ているようだ。TwitterなどのSNSでは、「演技に引き込まれてあっという間に2時間が過ぎる」、「マンガの実写映画なのに、登場人物たちに違和感がない」といった口コミが多く見られる。 本作は、『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載中の和久井健による同名マンガを、『ハンサム★スーツ』や実写版『映像研には手を出すな!』などを手掛けた英勉監督(53才)が実写映画化したもの。20代後半に差し掛かっても冴えない日々を送る主人公が、高校時代の恋人の訃報を知り、不意に10年前へとタイムリープ。愛する人の死を防ぐため、そして何より、自分自身の“現在”を変えるために奮闘する姿が描かれる。 物語のあらすじはこうだ。ある日、高校時代の恋人が殺されたことを知った主人公・タケミチ(北村匠海)。事件には、ヤクザも恐れる半グレ集団・東京卍會がどうやら関与しているようだ。事件を知った翌日にタケミチは、駅のホームから転落。目を覚ますと、なぜか10年前の高校時代にタイムリープしていた。恋人を救うため、自分の人生を変えるため、タケミチのリベンジが始まる。 先の口コミのとおり、本作では物語の設定や、各キャラクターに適した俳優が配されている。ボリュームのあるマンガを映画の尺に収める過程で、原作から削られたり改変されたりする箇所があるが、それでも、キャスティングに関しては多くの原作ファンの納得の声が聞かれる。快活な演技で“作品の顔”を務めた北村匠海や、過去と現在で一人の人間の“陰と陽”とを演じ分けた磯村勇斗(28才)、その佇まいと熱量で人気キャラに命を与えた吉沢亮(27才)と山田裕貴(30才)コンビなど、俳優たちの演技の質の高さを挙げればキリがない。その中でも、筆者が圧倒的に心を掴まれたのがキヨマサ役を演じる鈴木伸之だ。 鈴木が演じるキヨマサという人物は、ちんけな悪役である。タケミチがどん底人生を送るハメになる元凶とも言える存在で、登場人物たちの中でも魅力的とは程遠い汚れ役。10年前にはまだいち暴走族でしかなかった東京卍會において、吉沢演じるマイキーや、山田演じるドラケンらカリスマと比べると大したことのない人物だ。自分よりも力の弱い人間から搾取するしか能のない、卑怯なガキ大将といったところ。しかし鈴木の、このちんけな悪役の徹底ぶりに思わず感動してしまうのだ。 例えば本作の大きな見せ場として、タケミチがキヨマサにタイマン勝負を挑む場面がある。豊富なキャリアがあり、普段は華やかな鈴木とあってさすがの気迫が溢れているが、ここでもキヨマサは、ただただどこまでも卑怯なだけの男。だが鈴木は、自身の演じるキヨマサを、度を超えた悪役ではなく卑近なレベルにとどめており、これがキャラクターによりリアリティを与えている。もし鈴木の悪役ぶりが現実味を欠いた大げさなものであったり、逆に物足りないものであれば、本作の質は大きく変わっていたのではないかと思う。平凡な主人公の“成長譚”が物語の軸の一つにある中で、鈴木の悪役表現の塩梅がまずければ、それはそのまま物語のまずさにも繋がっていたように思う。 鈴木といえば、現在放送中のドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)でも悪役に扮している。同作で演じているのは、表向きは国内外で人気の一流モデルでありながら、裏の顔は“殺し屋界のエース”というもの。悪役ではあるものの、品格の漂うカリスマ的なキャラクターだ。見方を変えれば“フィクショナル”な役柄とも言えるが、一方の『東京リベンジャーズ』でのキヨマサと平行して見ることで、鈴木の役柄ごとに意図したコントラストを楽しめることだろう。 鈴木は公式ホームページにて、「やるからには人の記憶に残るような、際立ったワルを演じたいです!」コメントしている。その言葉通りの役を体現しており、鈴木伸之の存在なくして本作の成功は無かったのではないかと筆者は思う。【折田侑駿】文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。
2021.07.22 16:00
NEWSポストセブン
ボーカルの北村匠海は俳優として大ブレイク中(時事通信フォト)
北村匠海「幽遊白書」実写版主演でロケ地が大パニック!戸愚呂兄弟役も注目
 本州の最西端の小さな港町が今、ちょっとした騒ぎとなっていることをご存じだろうか。ツイッターなどのSNS上で、「#下関」、「#幽遊白書」と、一見、何の脈絡もない2つのワードで検索をかけると、一般人の目撃ツイートが次々と流れてくる。 昨年12月にNetflixで実写ドラマ化されることが発表された、平成初期の大人気漫画「幽☆遊☆白書」の大規模なロケ撮影が、6月から山口県下関市で始まっていた。とにかく、今が旬のイケメン俳優がこぞって出演するだろうとささやかれていた同作。SNSの目撃情報では、俳優業だけでなく、バンド「DISH//」でも楽曲「猫」を大ヒットさせて、女子中高生に圧倒的人気を誇る北村匠海(23才)、さらに志尊淳(26才)らの目撃談が続出しているのである。 ある映画関係者は「主人公の浦飯幽助役が北村さんだと見られています。漫画・アニメで女性人気の高いキャラクターだった、仲間の蔵馬に志尊さん、そして飛影には本郷奏多さん(30才)が決まったと言われていますね」と話す。 旬のイケメン俳優たちが集まったことで、ちょっとしたトラブルになっているという。 ある映画制作会社幹部は「下関駅そばの今は廃れてシャッター街になっていた竹崎長門市場を、莫大な製作費で丸ごとセットに作り替えて撮影しているそうなんです。ところが、ネットの情報を見た女子中高生たちが殺到してしまい、撮影が一時中断するトラブルにもなったというのです」と話した。 キャストが未発表の段階で、図らずも目撃情報でキャストが漏れ伝わってしまった今、早くも敵役が話題になっている。個性的なライバルが多く登場した「幽☆遊☆白書」の中でも、物語の前半で立ちはだかった強敵は、暗黒武術会編の決勝で戦った戸愚呂兄弟だ。「サングラス姿の昭和不良キャラの戸愚呂弟は、かなり難しい配役になると思います。早くもタンクトップが似合う武井壮さん(48才)や鈴木亮平さん(38才)らマッスルボディの持ち主の名前が、ネットでは囁かれています。さらに難航しそうなのが、小柄でロン毛の兄役。お笑い芸人の又吉直樹さん(41才)が適任という声が多いようですが……」(前出・映画関係者) 身長186cmの鈴木亮平の肩に乗る身長160cmそこそこの又吉直樹。果たしてそんなキャスティングがありえるのだろうか。 とにかく、今や下手な邦画よりも高額な製作費が掛けられるというNetflixのドラマなだけに、オールスターと呼べる豪華な出演陣と、ハリウッド並みの作り込みは約束されたようなもの。世界190か国に向けて同時配信される予定で、一体どんな作品に仕上がるのか。下関の住民たちやイケメン好きの若者女子にとどまらずに、興味は尽きない。
2021.06.17 16:00
NEWSポストセブン
志尊淳、菅田将暉や北村匠海に続く歌手デビューに期待の声
志尊淳、菅田将暉や北村匠海に続く歌手デビューに期待の声
 まるで映画のワンシーン──1月中旬の都内、映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭の直前に、ふらっと地下の駐車場に現れたのは俳優の志尊淳(25才)。喫煙所がわりにか、車の助手席に乗ってたばこを一服。リラックスする姿も様になる。さすがは、今を時めく若手イケメン俳優だ。 志尊は昨年、新型コロナウイルス禍の自粛期間中に注目を浴びた俳優の1人でもある。インスタライブで「#志尊の自粛部屋」と銘打ち、連日生配信。色っぽく(?)検温しているシーンや料理姿、ベッドでの添い寝や妄想デートなど、女性ファンが大喜びする姿を数多く披露。一時は、所属事務所にファンから「私と結婚して!」と大量の婚姻届が届くほどの反響だった。 また、インスタグラムには、6年前に主演したスーパー戦隊シリーズ『烈車戦隊トッキュウジャー』の共演者たちとの写真も公開。人気俳優の横浜流星(24才)との再集結が話題を呼んでいた。 あるドラマ制作関係者は「中性的で優しそうな見た目ですが、男気もあるタイプです」と語る。叔父でアニメ『デジモンアドベンチャー』の曲を数々歌ってきたシンガーソングライター宮崎歩(49才)とともに「きぼうのあしおと」という楽曲を制作し歌唱。同曲配信などの収益で、医療従事者支援に1000万円の寄付までした。まさに男気あふれる行動だ。 若手イケメン俳優の登竜門ともいわれる戦隊モノ出身。その中でも志尊の存在感は異質だ。ただ、志尊本人は「自分も含めてこの先どうなるか分からない。だから、少しでも誰かを楽しませることができたらという思いだけだった。歌やグッズ制作も、皆さんとのアイデアで生まれたもの。だから収益は、責任もって寄付するだけでした」と、どこまでもスマートだった。 昨年12月には「いつも応援してくれて来た人たちに、今会うことに意味がある」と、「志尊淳ソロイベント SSJ2020」を東京と大阪で開催して、とことんファンを楽しませた1年だった。 本人は「歌は遊びです」と笑い飛ばしながらも、周囲の評判は上々。最近は、菅田将暉(27才)から北村匠海(23才)まで、若手イケメン俳優が歌手としても活躍するのはトレンドになっているだけに、志尊の“歌手デビュー”にもファンの期待は高まっている。彼が今年、新たな挑戦に踏み出す可能性も十分にありそうだ。
2021.02.01 16:00
NEWSポストセブン
【動画】北村匠海のDISH//エアーバンドと揶揄された過去
【動画】北村匠海のDISH//エアーバンドと揶揄された過去
 北村匠海さんがボーカルを務めるダンスロックバンド・DISH//。 彼らの活動を長年追ってきた音楽ライターの橘川有子氏がDISH//について語りました。 橘川さんによると「バンド結成から間もなく10年。 結成当初はエアーバンドと揶揄されながらも懸命に練習を重ね武道館に立つまでになりました」とのこと。『第71回NHK紅白歌合戦』への出場は逃しましたが『第62回 輝く!日本レコード大賞』の優秀作品賞にはノミネートされているDISH//。 来年の活躍にも期待が高まります。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2020.12.09 07:00
NEWSポストセブン
ボーカルの北村匠海は俳優として大ブレイク中(時事通信フォト)
『猫』ヒットのDISH//「エアーバンドと揶揄」からの苦節10年
 年末の紅白初出場は果たせなかったが、ダンスロックバンド・DISH//(ディッシュ)の楽曲『猫』は、2020年を代表するヒット曲のひとつと言っても過言ではないだろう。 シンガーソングライターのあいみょんが作詞作曲した同楽曲は、2017年8月にリリースされた10枚目シングル『僕たちがやりました』にカップリング曲として収録された。ファンの間で「隠れた名曲」として愛されていた『猫』だが、アーティストによる一発撮りのパフオーマンスを配信するYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にて、ボーカル・北村匠海が歌う「猫 〜THE FIRST TAKE Ver.〜」が今年3月に公開されたところ、約3か月足らずで再生回数2300万回を達成した。『猫』は動画アプリTikTok (ティックトック)とのコラボ企画も話題を集め、さらに「歌ってみた」動画も流行。香取慎吾やナオト・インティライミ、手越祐也といった、そうそうたる面々がカバーソングを投稿した。盛り上がりの結果、オリジナルバージョンの『猫』と合算した配信総再生回数は1億回を突破する特大ヒットを記録。11月からは、『猫』を原案とした深夜ドラマの放送もテレビ東京にてスタートした。 2011年12月に結成されたDISH//は、ボーカル&ギターの北村匠海、ギター&コーラス担当の矢部昌暉、DJ・キーボード担当の橘柊生、ドラムスの泉大智の4人で構成された“歌って踊るダンスロックバンド”。2020年は主演映画が4本公開されるなど、近年はボーカルの北村が俳優としてブレイクを果たしたことで、グループとしても飛躍が期待されていた。そんな中での『猫』の大ヒットは、今後のDISH//のさらなる躍進を予感させる出来事だった。 彼らの活動を長年追ってきた音楽ライターの橘川有子氏は、「DISH//について語るのは難しい」と悩みながらも、その魅力についてこう熱っぽく語る。「難しいというのは、彼らの魅力が非常に多様性に富んでいるため。ルックスひとつとっても、クール系からキュート、正統派と様々です。俳優として大活躍する北村さん、舞台などを中心に活動の場を広げる矢部さん、DJとしてイベントに多数出演する橘さん、テレビ番組MCを務めるなどバラエティでも活躍する泉さんと、それぞれのキャリアも充実しています」ライブでは全力コントも披露 今でこそ楽器を華麗に演奏するのもDISH//の持ち味のひとつだが、デビュー当時はエアーバンド形式でパフォーマンスを行なっていた。いちから楽器演奏を習得する苦労とは、どれほどのものだっただろうか。「イケメン4人衆ながら、実は苦労人。どこか時流と歯車が組み合わず、ブレイク寸前で足踏みを続けた時期は決して短くありません。その悔しさ、ネガティブな面を無理に隠さず、ある時は泥臭い姿を見せながら立ち向かって今がある。最年長の橘さんは25歳、他はみな20代前半と若いですが、バンド結成から間もなく10年。結成当初はエアーバンドと揶揄されながらも、懸命に練習を重ね武道館に立つまでになりました。そんな苦楽を共にしたメンバーが突然脱退するなど、何度も憂き目に遭ってきました。時には泣きながらも前進し続けた結果、唯一無二のダンスロックバンドという肩書を手に入れたのがDISH//です」(橘川氏) メンバー自身が作詞作曲をするまでに成長を遂げたDISH//。そのアーティスト性への期待について、橘川氏が続ける。「あいみょんが手がけた『猫』をはじめ、楽曲の良さもDISH//の大いなる魅力。OKAMOTO’Sやマカロニえんぴつなど、才能豊かなアーティストが楽曲をこぞって提供しています。その一方で、メンバー自らが楽曲制作を行うなど、アーティスト性はどんどん高まっています。 にもかかわらず、一貫してかっこつけすぎない。矢部さんは一発ギャグで失笑を買う強心臓の持ち主ですし、泉さんはメンバーからいじられる愛されキャラ。ライブでは4人が全力でコントすることもしばしばで、ギャップにハマる人は少なくないようです。個々の能力を高め、深めながら、ロックバンドとしても4人の連帯感をますます強くしているDISH//。多様性が求められる今の時代が、彼らにようやくマッチしたのかもしれません」(橘川氏) なお、『第71回NHK紅白歌合戦』への出場は逃したDISH//だが、『第62回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の優秀作品賞にはノミネートされている。大晦日の大舞台をきっかけに、気持ちよく2021年のスタートを切ることができるか。◆取材・文/原田イチボ(HEW) 
2020.12.07 16:00
NEWSポストセブン
aa
中村倫也、北村匠海、森山未來、溝端淳平が周りと差をつける“柄”コーデ【ファッションチェック】
メンズファッションは無地でシックにまとめることが多いけれど、中には柄で遊ぶことも! 芸能界のイケメンたちも、巧みな柄コーデを見せていた。◆北村匠海 大好きなダブルでトラッド風に北村匠海は、ジャケット&スラックスに柄を投入。タータンチェックのような格子柄だが、ダークグレーやライトグレーなどトーン違いの色のみで構成されているから、目立ちすぎることなく程よい個性を放っていた。北村好みのダブルジャケットはクラシカルな雰囲気。チェック柄も相まって、トラッドスタイルのような品を醸し出していた。北村は、ボクサーたちの姿を描いた映画『アンダードッグ』(公開中)の舞台挨拶に登壇。「10キロ減量しました」と、本作での体作りの苦労を明かした。(11月28日)→風変わりジャケットを着こなした北村匠海はコチラ◆森山未來 誰にも真似できない侍ルック森山未來は、「柄×柄」で魅せた。中に着たジャンプスーツは、亀甲に花の紋がはいった和柄が印象的。さらに、この上から白の羽織と黒の総柄ジャケットを合わせ、インパクト満点のコーデに仕上げていた。アップにした髪も相まって侍のようだ。足元に合わせたのはウエスタンブーツ。森山にしか着こなせない、和洋折衷スタイルだった。森山も、『アンダードッグ』の舞台挨拶に登壇。本作ではかませ犬(アンダードッグ)としてリングに立ち続けるボクサー・末永晃を演じている。(11月28日)→和柄風のシャツを合わせた吉沢亮はコチラ◆溝端淳平 主役を引き立てつつも着飾って黒とグレーでまとめた溝端淳平。「第33回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」最終選考会の審査員という立場だからか、主役を引き立てる落ち着いたコーディネートだった。ただ、よく見るとジャケットとスラックスにはウインドーペンチェック柄が。さり気なく合わせたベロア素材のタイもおしゃれ!自身もジュノンボーイ出身の溝端。グランプリを受賞した14歳の前川佑(たすく)さんについて「中学生とは思えない度胸がある」と絶賛した。(11月22日)→チェック柄ジャケットが目を引く稲垣吾郎はコチラ◆中村倫也 単なるスーツスタイルでは終わらせない!中村倫也は、派手な柄シャツをチョイス。コーデ全体をブルー系で揃えた中村。シャツは「Dior」のアイテムで、ロゴがびっしりと並ぶゴージャスな一着だ。そんなシャツの上に、ネイビーのジャケット。さらにジャケットよりワントーン明るいスラックスを合わせ、ほんのり爽やかな着こなしを見せた。左袖にポケットが付いているジャケットはミリタリーテイストもあり、遊び心満点。「第49回 ベストドレッサー賞」の授賞式に出席した中村。「なんで選んでもらえたのか不思議」と謙遜しつつも、選出されたことを喜んだ。(11月26日)→柄使いが見事な中村倫也のコーデ集はコチラ→イケメンたちの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ撮影/平野哲郎、浅野剛、小彼英一
2020.12.05 05:00
8760 by postseven
【動画】知名度アゲアゲの北村匠海 個性的な私服姿 写真6枚
【動画】知名度アゲアゲの北村匠海 個性的な私服姿 写真6枚
 10月下旬、都内の仕事場に現れた私服姿の北村匠海さんをキャッチしました。ナイロン素材のトップスにデニム足元はレザーブーツという個性的な組み合わせのクールなファッションで登場した北村さん。 俳優として話題作に出演し続けており、映画配給会社の関係者は「北村さんは俳優としてだけでなく、歌手としても知名度をグングン上げている。業界全体でも期待している俳優」と絶賛しています。 主演映画『とんかつDJアゲ太郎』も話題となっている北村さん。今後も要チェックです!【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2020.11.16 16:00
NEWSポストセブン
北村匠海が個性的なファッションで現れた
知名度アゲアゲの北村匠海、個性的な装いに「大物の風格」
 ナイロン素材のトップスにデニム、足元はレザーブーツ──個性的な組み合わせのクールなファッションで、10月下旬の都内の仕事場に現れたのは、北村匠海(23才)。最近、立て続けにショッキングな出来事に巻き込まれてしまったイケメン若手俳優だ。 9月に主要キャストとして出演したのは、4話で終了した故・三浦春馬さん(享年30)の遺作となったドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)。「評価の高いドラマだっただけに数回で終わったのは残念ですが、その後、北村さん主演のスピンオフドラマが制作され、話題になりました」(ドラマ関係者) 映画では、10月30日公開の『とんかつDJアゲ太郎』、11月13日公開の『さくら』と主演作が続くが、その『とんかつDJ-』に悪夢が襲った。9月には、出演していた伊勢谷友介(44才)が大麻取締法違反の罪で逮捕、起訴。続いて10月には、ブラザートム(64才)の、2016年の熊本地震のボランティアにかこつけた「復興モラハラ不倫」が報じられた。 とどめは、友人でもある伊藤健太郎(23才)の映画公開直前のひき逃げ事件による逮捕だ。主演映画は公開にこぎつけたが、初日舞台あいさつでは「正直、この映画をフラットに見てくれる人がどれだけいるのかという、不安な気持ちがある」と本音を吐露。時折、声を震わせて、涙もためながらも「僕は決してかわいそうなヤツではないし、とても幸せ者だと思っています」と続けた。ある映画配給会社の関係者が語る。「公開前に、ここまでキャストの不祥事に見舞われた作品は、過去にもありません。関係者の中では、“呪われている”とまで言われましたが、コンプライアンスが厳しいご時世で、お蔵入りにならずに公開されたのは、本当に良かった。北村さんは俳優としてだけでなく歌手としても知名度をグングン上げている。業界全体でも期待している俳優なので、めげずに頑張ってほしい」 3月には、人気シンガーソングライター・あいみょん(25才)が作詞作曲した『猫~THE FIRST TAKE ver.~』を、バンド「DISH//」のボーカルとして北村が歌い、その動画は再生回数6000万回を突破。同曲が原案のドラマ『猫』(11月13日、テレビ東京系)まで放送スタートする。 ある音楽関係者は「菅田将暉さん(27才)のように、歌も芝居もできる大物になりうる存在で、業界の注目度は高い」と話し、ベテランスタイリストも「この日は赤いキャップが浮いているように見えますが、それすらかわいく見えるのがさすが。早くも大物の風格を漂わせています」と語った。 今後もチェックし続けていきたい注目株だ。
2020.11.10 16:00
NEWSポストセブン
『とんかつDJアゲ太郎』パンフレットはレコードEP盤サイズ
『とんかつDJアゲ太郎』を観ると、なぜとんかつが食べたくなるのか
 マンガ原作でアニメ化もされている作品の実写映画化は、なかなか素直に受け止められなくなっているのが実情だ。そこにプラスして、出演者の不祥事によって厳しい門出を強いられた10月30日に公開の『とんかつDJアゲ太郎』だが、実際に映画館で体験すると、二宮健監督がエッセイでつづっていたように、幸せな気持ちでとんかつを食べたくなるファミリー映画になっていた。漫画原作の実写映画をウォッチするライターの北原利亜氏が、映画『とんかつDJアゲ太郎』がもたらす多幸感について考えた。 * * * うっすらと肌を疲労の膜が覆っていて、何を考えるのもおっくうで、気分転換に「笑いたい」となったときは、オススメの笑える動画を見てもさっぱり笑えない。そして、気づけば幸せな気分になれる動画を探していたりする。2020年は気づけば、何も考えずに笑いたいと思う時間が増えている。そんな気分に寄り添ってくれたのが、映画『とんかつDJアゲ太郎』だった。 人はいろいろな瞬間に幸せを感じるが、心地よい音を耳にしたとき、なかでも揚げ物の音はかなり上位に入る「幸せの音」だろう。YouTubeで心地よさを感じると人気の「#ASMR」タグを検索すると、揚げ物を揚げる音や、それを食べるサクサクといった音の動画が多数あり、人気も高い。その音を、音楽にのせて共有できたら幸せはどこまで広がるのか。映画『とんかつDJアゲ太郎』は、まるで出オチのような「とんかつ」と「DJ」の融合を見事に成し遂げ、その体験を主人公である渋谷の老舗とんかつ屋「しぶかつ」三代目の勝又揚太郎、通称アゲ太郎(北村匠海)のクラブ文化との出会いと成長とともに共有できる映画となっている。 とくに何かやりたいことがあるわけでもなく、なんとなく家業のとんかつ屋で働いていたアゲ太郎は、閉店間際に急に頼まれた弁当の配達に訪れたクラブで、スタッフに「見ていっていいよ」と誘われてフロアに足を踏み入れたことでクラブカルチャーに衝撃をうける。このとき、クラブに初めて足を踏み入れる瞬間の音と、それを足もとからアゲ太郎が感じ取る描写がとても印象的だ。同じ町内で生活しているのに知らなかった新しい世界を体験し、圧倒され同時に魅了されているのが伝わってくる。そして、この体験をきっかけにDJを目指すと決意し、物語はすすんでいく。そこに憧れの苑子ちゃん(山本舞香)がいたから近づきたいという下心もあるのだが、求めているのは犬が飼い主にかまってもらうような近さなので、いやらしさが無い。 とはいえ、イケメン俳優が演じているのだから奥手な感じに説得力がないだろうと思う人にこそ、確かめてみて欲しい。とんかつを食べ続けてぽっちゃり気味な北村匠海が演じるアゲ太郎は、見事にボンクラなとんかつ屋の三代目だ。旅館(加藤諒)、電飾業(浅香航大)、薬局(栗原類)、書店(前原滉)の三代目である幼なじみたちと、使わなくなった旅館の宴会場を秘密基地のようにして過ごす様子は微笑ましいけれども、子供っぽい内輪のノリが強く、5人そろって跡取りとして心配されているだろうことをうかがわせる。三代目たちが楽しそうに人生ゲームや独自解釈のDJ修行にいそしむほど、彼らがどちらかというとポンコツな(でも憎めない)存在として微笑ましく見えてきて、5人がそろうだけで笑顔になってしまう。 だが、アゲ太郎には「音」に対するアドバンテージがあった。人々を幸せにする、とんかつを揚げる音を子供の頃からずっと聞いて育ってきたのだ。しかも祖父の代から続く名店の音。とんかつ屋とDJの共通点に気づくのは、必然だったのだろう。その後、「とんかつもフロアもアゲられる男」を目指し、DJ修行を始めてからの進化はめざましい。だが、その姿はシャープな格好良さからはほど遠く、間が抜けている。 独自解釈のDJ修行を始め、ネットで変わり種YouTuberとして評判を集め苑子ちゃんから軽くダメ出しされて落ち込んだり、VHS教則ビデオで特訓したり、若気の至りの失敗だらけで、観る者も自分の過去を刺激され身もだえ必至だが、真剣に打ち込む彼らの姿に笑ってしまうエピソードの連続だ。失敗を繰り返しても、ボンクラだけれど優しくて真面目な三代目仲間たちに支えられ、とんかつ屋の「音」をクラブミュージックとして再構築し、フロアもとんかつもアゲられる男へと成長していく。 成長に欠かせない師匠とライバルも、この映画にぴったりの存在感で登場する。アゲ太郎の成長を促す師匠・DJオイリー(伊勢谷友介)は、DJ以外は冴えない、どちらかといえばダメ人間で、途中、DJ仕事から干されて清掃のおじさんになっても違和感がない薄汚れた中年男だ。それでも音楽、DJやその喜びについてだけは真摯に向き合う気持ちを失うことはなく、それゆえにアゲ太郎たちの成長を喜んでいた。また、ライバルの若き起業家・DJ屋敷蔵人(伊藤健太郎)も、DJというものの存在を勘違いしていたアゲ太郎に厳しい忠告を与え、成長した彼のプレイには若者らしく衝動的に加わってフロアをアゲるのを後押しし、新しい仲間が増えたことを喜んでいた。冷静でクールに振る舞いながらも、若者らしい危うさが魅力にも武器にもなっている孤独な成功者の存在は、単なる高い壁よりもライバルらしい説得力があった。 そして、観客である私たちは師匠でもライバルでもないのだが、間抜けな失敗と奮闘を目撃したために、一緒にとんかつDJアゲ太郎を育てたような気分になっていた。 クラブDJとして一人前になる成長物語であると同時に、とんかつ屋三代目としての成長もつづられるこの映画では、下ごしらえから揚げて客に出すまで、繰り返しとんかつを作る様子が描かれる。付け合わせのぬか漬けのためにぬか床をかき混ぜ、キャベツを千切り、肉の筋を切って、つなぎをつくり、豚肉にパン粉をつけ、揚げ油が跳ねる音が変わるのを確かめ引き上げる。この工程すべてにそれぞれ音があり、客をアゲるのがとんかつ屋であることが示される。アゲ太郎の父・揚作(ブラザートム)が口をへの字に曲げたまま絶妙なタイミングでとんかつをすくい上げる様子は、フロアをアゲるDJの姿と重なる。そしてアゲ太郎は、とんかつとクラブミュージックの一体化に成功し、老若男女が楽しく過ごせる夢の空間を実現させるのだ。 映画『とんかつDJアゲ太郎』では全編にわたり、悪意を持って誰かを貶めようとする事件は起きない。誰もが人を楽しませながら自分も楽しもうという向上心のもと何かに熱中し、その努力をする人を応援している。また、たいていの成長物語では子供時代との決別を象徴するかのように、何かを捨てたりあきらめたりする描写がつきものだが、それも見当たらない。アゲ太郎と三代目たちが集まる理想のおもちゃ箱をそのまま現実にしたような秘密基地は、破壊も消滅もしない。今を否定しなくていいよと肯定され励まされて映画を見終わると、幸せな気持ちでとんかつを食べたくなるのだ。
2020.11.10 16:00
NEWSポストセブン
30年を経てアニメ映画になった
宮沢りえ、『ぼくらの7日間戦争』に出演し「まさか…」
 アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』の初日舞台挨拶に、声優を担当した北村匠海、芳根京子、そして実写映画版と同じ「中山ひとみ」を30年ぶりに演じた宮沢りえと村野佑太監督が登場した。 実写版映画は宮沢にとって女優デビュー作だが、「30年が経ち、まさかひとみを演じるとは夢にも思いませんでした」と感慨深げ話す一幕もあった。撮影/平野哲郎
2019.12.20 16:00
NEWSポストセブン
19才から21才までの北村を一冊に収めたという
北村匠海「僕が見ても恥ずかしくなるくらい顔が変わって…」
 北村匠海が自身のファースト写真集『U&I』の出版記念イベントに登場。本作は雑誌での連載と奄美大島での撮り下ろし写真で構成されている。 内容について「19才から21才までのぼくが詰まっている。ぼくが見ても恥ずかしくなるくらい、顔が変わっていたりとか。写真集というか記録集に近い」と感慨深げに語った。撮影/平野哲郎
2019.10.05 16:00
NEWSポストセブン
新田真剣佑と眞栄田郷敦 父のパーティ共演で注目の兄弟愛
新田真剣佑と眞栄田郷敦 父のパーティ共演で注目の兄弟愛
 日本を代表する名アクション俳優として名を馳せた千葉真一(80)。今年で芸能活動60周年を迎えたのを機に、11月7日に東京・赤坂のホテルニューオータニで祝賀会を開催することが発表された。そして宴のゲストには、千葉の長女で女優の真瀬樹里(44)に加え、息子で俳優の新田真剣佑(22)、眞栄田郷敦(ごうどん、19)兄弟の名も。千葉家総出でパーティを盛り上げるようだ。 中でも真剣佑、郷敦兄弟の“共演”には、注目が集まっている。真剣佑は幼少期、米国で育てられている頃から父の手ほどきで空手に親しみ、ロサンゼルスの大会で優勝したほどの腕前を持つ。高校卒業後の2014年、日本で本格的に芸能活動をスタート。父をほうふつとさせるアクションセンスを見せる一方で、映画『ちはやふる』シリーズでは、その知性を感じさせるルックスを生かし、冷静沈着な競技かるた部の高校生を好演した。幅広い役柄をこなす、若手きっての演技派として知られるようになり、来年1月公開の『サヨナラまでの30分』では、北村匠海とのダブル主演で、念願の日本映画初の主演を果たす。 そんな兄に一足遅れて今年、芸能活動を本格化したのが郷敦だ。兄に違わぬイケメンぶりが話題で、今年5月公開の映画『小さな恋のうた』で俳優デビューを果たすと、ラグビーを題材にした7月期のTBS系ドラマ『ノーサイド・ゲーム』では、ニュージーランド育ちで社会人ラグビー部の有望選手という役どころをフレッシュに熱演した。「2人は真瀬さんとは異母兄弟で、千葉さんが再婚した元舞妓の2番目の奥さんとの間にもうけた子です。千葉さんは2015年に離婚。真剣佑さんは千葉さんに、郷敦さんは元妻側に引き取られ、離れて暮らすことになりました。複雑な家庭の事情で離れ離れになってしまったのですが、2人の兄弟愛は変わりませんでした。真剣佑さんは、郷敦さんが芸能界入りを迷った際にも親身に相談に乗ったそうです。 どちらかというと努力でのし上がるタイプの郷敦さんは、何でもすぐにモノにしてしまう天才肌の真剣佑をリスペクトしているようです」(芸能関係者) 所属事務所も違う2人だが、イケメン兄弟の“スクラム”は、そんじょそこらのタックルで破られることはなさそうだ。
2019.10.01 07:00
NEWSポストセブン
伊藤健太郎 「取り巻く状況の早すぎる変化に怖さ感じる」
伊藤健太郎 「取り巻く状況の早すぎる変化に怖さ感じる」
 映画『コーヒーが冷めないうちに』(2018年)で日本アカデミー賞の新人俳優賞・話題賞を受賞し、同時期にオンエアされた人気ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)ではデレデレ男に変貌するツッパリ役を熱演した伊藤健太郎(22才)。多数の話題作に出演し、振り幅の広さを見せつける彼が、最新作『惡の華』では、まさかの“変態”中学生に。われわれを翻弄し続ける彼の胸の内に迫る。 俳優としての実力はもちろんのこと、バラエティーやラジオ、CMなど多方面でも活躍を見せる彼。この大ブレークぶりを本人は冷静に受け止めている。「まだピンときていないんですよ…。多分、今でも週1で地元の友人と一緒にいるからだと思うんですけど(笑い)、自分自身は高校時代のまんまなんですよね。だから街で声をかけていただけるとうれしい半面、どこかぼくじゃないような感覚があって。でも最近、自分を取り巻く状況がすごい速さで変わっているので、怖さを感じます。気を引き締めなきゃなって」 そんな時、芸能界のよき先輩と親友が心の支えになっているという。「生田斗真さんには、仕事だけでなくプライベートなことも相談に乗っていただいてます。同じ年の北村匠海さんとは、面白いことを2人でやりたいって話をしますね。将来の夢? ハリウッド! この間ワールド・プレミアに参加させてもらい、夢になりました。日本でもっと役者として成長してからじゃないと、ですけど」 最新の主演作『惡の華』では、3人の女子に翻弄される内向的な春日高男を演じ、ブルマを嗅いだりはかされたり…かなり衝撃的な姿を晒している。「いい意味で今までのイメージを全部壊したいですよね。これを公開したら、何を見せても恥ずかしくないです(笑い)」 彼の可能性は天井知らずだ。撮影/西川元基(TRON)※女性セブン2019年10月10日号
2019.09.28 07:00
女性セブン
2LDKで男2人暮らし(番組公式HPより)
「W主演」ドラマ急増 背景に単独主演はれるスターの減少も
“平成最後”の連続ドラマがいよいよ始まった。『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』のヒットの後を受け、期待が高まる「日曜ドラマ」枠は、『あなたの番です』。フジテレビ伝統の「木曜劇場」には『ストロベリーナイト・サーガ』が登場。日本テレビの「新・水曜ドラマ」は『白衣の戦士!』。テレビ東京の木曜深夜「木ドラ25」枠からは『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』、同じくテレ東金曜深夜の「ドラマ24」は『きのう何食べた?』。実はこれら5作にはある共通点がある。それが「W主演」だ。舞台・ミュージカルではよく聞く「W主演」。ドラマ界でも増加の“なぜ”を追った。◇2人の組み合わせを見てほしいという思い『白衣の戦士!』は、中条あやみ&水川あさみによるW主演。病院を舞台にしたお仕事コメディだが、そんな看護師ドラマで記憶に残る過去の作品の1つが、観月ありさ主演『ナースのお仕事』(フジテレビ系)だ。  同作で話題を集めたのが、観月演じる新米ナース・朝倉いずみと、その指導役である先輩看護師・尾崎翔子を演じた松下由樹の掛け合いだ。そんな新人とベテランの凸凹コンビによって成り立っていた『ナースのお仕事』も、観月の単独主演だった。 だが今回の『白衣の戦士!』は先述の通り、中条&水川のW主演。こうした背景には、本作が2人の看護師のコンビネーションで繰り広げられることを最初から前面に打ち出そうという意図が見て取れる。つまり何をおいても彼女たちを見てほしいという制作サイドの思いの表れなのであろう。  ちなみに中条は今作が「連ドラ初主演」。これをキャッチコピーにすることもできたはずだが、それよりも知名度や女優の格としては上の水川とのW主演をうたうほうが、“強い”と制作サイドが考えたのではないか。 ◇恋愛ドラマも「W主演」としたほうが伝わりやすい 今月5日からスタートした深夜ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)。これは同性愛カップルが主人公の物語で、西島秀俊と内野聖陽がW主演を務める。こうした恋愛もので重要なのは、恋人は誰と誰なのかということ。そこで「AとBによるW主演の恋愛ドラマ」と銘打てば、恋する2人が誰なのかを即時に伝えられる。今回のドラマでは、西島と内野がカップルになるという意外性のある構図を一言で解説できるというメリットもあるだろう。 新・日曜ドラマ『あなたの番です』のW主演は、人気絶頂の田中圭と、奇跡の51歳・原田知世の2人。彼らは夫婦役だ。こちらも「W主演」とすることで、テレビや雑誌などでPRする際、異色の組み合わせをダイレクトに表現できる。◇幅広いファンを取り込める この『あなたの番です』でさらに言えるのは、2人の役者のファンを同時に取り込めるということだ。つまり田中圭のファンだけではなく、原田知世をデビュー当初から知っている同世代もターゲットにできる。 『ストロベリーナイト・サーガ』のW主演は二階堂ふみ、KAT-TUN・亀梨和也だ。こちらも似たような“もくろみ”が働いているだろう。二階堂のファンだけではなく、熱狂的な人が多いと言われる亀梨のファンの視聴者も獲得できるのだ。◇“season1”との差別化を図れる 『ストロベリーナイト・サーガ』のルーツはかつて同じフジテレビ系で放送され、ヒットしたドラマ『ストロベリーナイト』である。 同作で主演を務めていたのは竹内結子。警部補・姫川玲子を演じ、捜査一課殺人犯捜査第十係を率いていた。その部下の巡査部長・菊田和男を演じていたのが西島秀俊。2人によるコンビは人気を博し、劇中では2人一緒になるシーンも多かった。だが彼らが”名バディ”を組んでいたにもかかわらず、同作は「W主演」ではなかった。 今回の『ストロベリーナイト・サーガ』も二階堂の単独主演だけでも“通り”はいいはずだが、これを二階堂&亀梨としたことは、今作ではより菊田のキャラクターを押し出そうという狙いもあるだろう。 そんな、「season1」との違いを鮮明にする意図は、『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』でも見て取れる。このW主演は乃木坂46山下美月と、『3年A組』の逢沢博己役で名を馳せた萩原利久。昨年1月期にオンエアされた前作『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』では元乃木坂46・西野七瀬と野村周平の恋愛模様が描かれたが、こちらは西野の単独主演だった(西野はオンエア時、現役メンバー)。◇映画界でもW主演が急増 もちろん、これまでもW主演ドラマがなかったわけではない。例えば1988年、社会現象を巻き起こした『抱きしめたい!』(フジテレビ系)は浅野温子、浅野ゆう子のW主演。1993年の『振り返れば奴がいる』(同系)も主演は織田裕二と石黒賢だった。 だがこれまで述べてきたように、1つのクールにこれだけ「W主演」作品が集中することが今まであっただろうか。 テレビドラマだけではない。映画界でも「W主演」が“流行っている”。  今年すでに公開されたものだけでも『雪の華』登坂広臣&中条あやみ、『翔んで埼玉』二階堂ふみ&GACKT、『あの日のオルガン』戸田恵梨香&大原櫻子、『九月の恋と出会うまで』高橋一生&川口春奈、『君は月夜に光り輝く』永野芽郁&北村匠海などがある。 さらにこの先に封切られる予定、もしくは実写化が発表された「W主演」映画も、横浜流星&中尾暢樹『チア男子!!』、坂口健太郎&吉田鋼太郎『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』、三浦貴大&成海璃子『ゴーストマスター』、堤真一&ナインティナイン岡村隆史『決算!忠臣蔵』、松本穂香&渋川清彦『酔うと化け物になる父がつらい』、上白石萌音&山崎紘菜『スタートアップ・ガールズ』など多数控えている。◇突出したカリスマスターの減少も こうしたW主演が増えた遠因としては、例えば木村拓哉、米倉涼子、綾瀬はるか、堺雅人らのように単独主演で視聴率、あるいは興行収入が見込めるスターが少なくなっていることもあるだろう。つまり2人タッグを組むことで、力を補い合う狙いだ。今の時代、そうした孤高の存在を立てるよりも「2人」が物語を織りなす作品のほうが、親近感が持たれるのかもしれない。 ただ結局は、単独主演でもW主演でも、大事なのはそうした”看板”より内容である。「W主演」という聞こえのいい響きを裏切らない作品を期待したいところだ。(芸能ライター・飯山みつる)
2019.04.23 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
謝罪をする田中聖(公式YouTubeチャンネル)
田中聖容疑者、覚醒剤所持でまた逮捕 芸能人が“やめられない”根本的な問題点
NEWSポストセブン
『ぴったんこ☆カンカン』スタート時の安住アナ(時事通信フォト)
泉ピン子が語る安住紳一郎アナ「とても負けず嫌い。すごい強さを秘めている」
週刊ポスト
盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
日本は世界が憧れる国だと思っていたが……(イメージ)
在日経験のある外国人たちが「日本の没落」を口にし始めているという厳しい現実
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
SDGs(持続可能な開発目標)についてテレビが取り上げる機会が激増していた(イメージ、時事通信フォト)
テレビ局が一斉に発信していた「SDGs」、最近見かけなくなった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン