• TOP
  • 国際情報
  • 中国でカラオケの楽曲規制へ 「国家に不利益与える」と判断される曲は?

国際情報

2021.07.24 07:00  NEWSポストセブン

中国でカラオケの楽曲規制へ 「国家に不利益与える」と判断される曲は?

中国で「楽曲のブラックリスト」が作られる

中国でカラオケへの規制が入る

 中国政府は7月中旬、「カラオケ店の音楽に関する暫定管理規定」を公表し、中国当局が国家によって不利益な影響を与えると判断した曲はカラオケの楽曲リストから外すことを明らかにした。今後、楽曲のブラックリストを作り、発表するという。

 実施されるのは今年10月1日からで、習近平指導部は国家・国民を団結させるため思想統一を強化しているが、ネット上では「国民的な娯楽であるカラオケまで規制するのはあまりにもいき過ぎだ」との不満の声が早くも出ている。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 規定によると、「国家の統一、主権、領土保全を危険にさらす」「国家の安全、名誉、利益を害する」「民族的憎悪を煽る」と審査会が判断した曲は禁止され、カラオケのリストから削除される。これに加えて、暴力や賭博、麻薬などを助長するような曲や、他人を侮辱するような曲もブラックリストに入れられるという。

 禁止する理由について、規定は「社会主義の核心的価値観を発展させ、国家の文化とイデオロギーの安全を守るため」としている。まだ、具体的な曲名は明らかにされていないが、管理規定を公表した文化観光省は「2020年だけで、違反する歌は100曲以上確認されている」と発表している。

 例えば、日本の軍歌や台湾(中華民国)の「国歌」などは当然、禁止の対象になるほか、中国当局が神経を尖らせている民主化運動などで歌われた曲はブラックリスト入りするのはほぼ確実だ。

 香港のロックバンドBeyondの『Vast Sky and Endless Sea』は、「許してくれ、でも自由への愛をあきらめたことはない」という歌詞を含んでおり、香港の民主化デモなどでも頻繁に歌われるなど、カラオケ店での人気曲となっている。また、社会主義を象徴する歌である『インターナショナル』をヘビーメタル風にアレンジした中国語版は、1989年の天安門事件の際に何千人もの参加者により天安門広場で繰り返し歌われており、カラオケリストから除外されるのは間違いない。

 やはり天安門事件の際、中国政府による民主化弾圧に抗議した台湾の人気歌手テレサ・テンの歌は今も中国で歌われているが、これも禁止される可能性が強い。このほか、新疆ウイグル自治区のウイグル族やチベット自治区のチベット族の民謡なども禁止リスト入りするのではとみられる。

関連記事

トピックス