• TOP
  • 芸能
  • ぼる塾・田辺、スイーツタレントの流れ変える いま脚光集める理由

芸能

2021.07.24 07:00  NEWSポストセブン

ぼる塾・田辺、スイーツタレントの流れ変える いま脚光集める理由

ぼる塾・田辺

スイーツタレントとして注目、ぼる塾・田辺(本人ツイッターより)

 バラエティや情報番組などに出演するスイーツ好きのタレントは多いが、今引っ張りだこになっているのがお笑い芸人・ぼる塾の田辺智加(37歳)だ。昨今のスイーツタレントの流れを変えたという田辺についてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 25日夜の『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)は、“緊急企画”と題して、ぼる塾・田辺智加さんによるスイーツ開発企画を放送。

『デニーズ』から田辺さんに名指しでSOSメールが入り、かつて大ブームを巻き起こした「ナタデココ」「ティラミス」を超えるヒット商品の開発に挑むそうです。同番組における田辺さんのスイーツ開発企画は、シャトレーゼ、ユーハイムに次ぐ3回目で、すっかり定番化したと言っていいでしょう。

 田辺さんはそれ以外にも、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)でおすすめスイーツを届ける「タナバーイーツ」、『ラヴィット!』(TBS系)で人気のスイーツを食べ尽くす「ぼる塾の芸能界スイーツ部」などに“芸能人ナンバーワンのスイーツマニア”というポジションで出演。その他の出演番組やインスタグラムなどでの発信も含め、スイーツタレントのトップに君臨しています。

 ただ、これまでバラエティや情報番組などで活躍するスイーツタレントと言えば、的場浩司さん、芝田山親方、真壁刀義さん、ToshIさんと男性ばかりでした。なぜ田辺さんは“スイーツタレント=男性”という流れをガラッと変えられたのでしょうか。

見た目やキャラとのギャップが不要に

“スイーツタレント=男性”というイメージを作ったのは的場さん。コワモテのイメージが強い的場さんがスイーツ愛を熱く語り、目尻を下げながら食べるギャップがウケて、バラエティや情報番組に引っ張りダコの状態になりました。

 続く芝田山親方は、大きな体と力士というイメージとのギャップ。「暴走キングコング」と呼ばれるプロレスラーの真壁さんも、コワモテと巨体とのギャップ。アーティストのToshIさんは、黒づくめの衣装でミステリアスな印象とのギャップ。いずれもベースには、見た目やキャラクターからのギャップがあり、それが面白さにつながる人がスイーツタレントのトップとして活躍してきました。

また、もともと「女性がスイーツ好きなのは当たり前」という観点から、ギャップを生みやすい男性が選ばれてきたという背景もあります。

関連記事

トピックス