芸能

阿久悠さん 山本リンダ『どうにもとまらない』で「女性上位の詞を実現」

山本リンダが阿久悠さんへの思いを語る

山本リンダが阿久悠さんへの思いを語る

 山本リンダのヒット曲『どうにも止まらない』は、作詞家・阿久悠さんによる挑戦的な歌詞が刺激的だった。この歌詞と出会った時、山本はどう思ったのか。当時の思い出と阿久さんへの思いを山本が語る。

 * * *
『どうにもとまらない』がなかったら、今の私はないんです。

 1966年に遠藤実先生の『こまっちゃうナ』で歌手デビュー。ミノルフォンレコードにとって起死回生の初の大ヒットになりました。でもその後はだんだんヒットが出なくなり、ヒット曲を出すことの難しさを思い知る日々が続きました。

 1971年にキャニオン・レコードに移籍しましたが、キャニオンにもヒットがなく、そこでフジサンケイグループの会長さんが社運をかけてプッシュする歌手を決めようと、フジテレビのスタッフを集められて、所属の歌手の中から多数決で私を選んでくださいました。

 プロジェクトの始動にあたって、フジテレビのプロデューサー吉田斉さんが作詞の阿久悠先生と作曲の都倉俊一先生に、「山本リンダをバラバラにして建て直してほしい」と頼まれたそうです。その結果、歌で世界を巡ろうというのがコンセプトになり、1972年の『どうにもとまらない』がブラジル、『狂わせたいの』がペルシャ、『じんじんさせて』が中国、1973年の『狙いうち』がロシア……と大ヒットが続きました。

『どうにも~』の歌詞を読んだ時、「カッコイイ! 待ってた通りの歌だ! これが駄目なら私は歌手としてもう駄目だ!」との思いで必死に頑張りました。のちに阿久先生はご著書で「男尊女卑が歌の世界でも続いていた。だから女性上位の詞を書きたくて、山本リンダでそれを実現させた」というようなことを書かれていました。このような大役に選んでくださったことに感謝の思いでいっぱいです。

 阿久先生と都倉先生による一連の曲で私はイメージチェンジすることができたのです。1990年代には第3次リンダブームが起きました。お二人の作品には時代も世代も超える魅力がある。これからも歌の主人公になりきって歌い続けます。

【プロフィール】
山本リンダ(やまもと・りんだ)/1951年生まれ、福岡県出身。1962年にモデル活動を開始、1966年に歌手デビュー。1972年の『どうにもとまらない』からの一連の作品でリンダ旋風を巻き起こした。

取材・文/濱口英樹

※週刊ポスト2021年8月13日号

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン