• TOP
  • スポーツ
  • 金メダリストも中傷の標的 水谷隼が蒸し返された過去のトラブル

スポーツ

2021.08.06 19:00  週刊ポスト

金メダリストも中傷の標的 水谷隼が蒸し返された過去のトラブル

汚名返上(EPA=時事)

汚名返上(写真/EPA=時事)

 金メダル獲得直後の選手に向けられたとは思えない言葉が、ネットを通じて送りつけられていた。

〈関係各所に連絡を行い然るべき措置を取ります〉

 そう投稿した主は、東京五輪・卓球混合ダブルスで伊藤美誠(20)とともに優勝した水谷隼(32)。五輪では卓球界初の「金」となったが、水谷に向けられたのは祝福の声ばかりではなかった。

〈くたばれ! 消えろ!〉〈お前嫌われてんだよ〉など、誹謗中傷するメッセージが殺到したのだ。たまらず水谷はメッセージを公開、必要な対応を行なうと表明した。

 コメントの多くは海外から送られたとされる。背景には、水谷が過去にラケットのラバーに補助剤を塗る“不正ラバー問題”で声を上げ、国際大会をボイコットしたことなどが影響したようだ。しかし、中傷メッセージのなかの「ある一言」に注目が集まることとなる。

〈不倫してるの?〉

 2019年、水谷は19歳の少女とホテルでキスをしたなどとして、少女と交際していた男子学生ら2人に「週刊誌に載せる」と脅迫され、警察に相談。学生は逮捕されたが、水谷は既婚者のため不倫を疑われる騒ぎとなった。

 事件の裁判を傍聴していた裁判ウォッチャーの阿曽山大噴火氏が言う。

「裁判で少女と交際していた被告人Iは嫉妬心から水谷選手を脅そうとしたことを反省する一方、恐喝を画策したHはニヤニヤ顔で答えていたのが印象的でした。判決は昨年2月に出て、Iが懲役1年6か月・執行猶予4年。首謀者のHが懲役2年執行猶予4年でした」

関連記事

トピックス