国内

「二階さんは菅さんの次に小池さんを担ぐんじゃないか」と亀井静香氏

菅政権を亀井静香氏、山崎拓氏、藤井裕久氏が分析(時事通信フォト)

菅政権を亀井静香氏、山崎拓氏、藤井裕久氏が分析(時事通信フォト)

 行き詰まるコロナ対策や感染拡大さなかの五輪強行開催で、支持率が急落する菅政権。この窮地のなか、菅首相は自民党総裁選をどう戦うのか。亀井静香氏(84)、山崎拓氏(84)、藤井裕久氏(89)、政界の長老3人が分析する。

 * * *
藤井:横浜市長選(8月22日投開票)では、側近だったはずの小此木八郎さんが菅(義偉)さんへの相談なしに出馬するという。私は今は自民党の外にいますが、神奈川県連で父親である小此木彦三郎さんの言うことを聞いて育った。地元の横浜を見ていても、菅さんの総裁再選は非常に厳しくなっているとみています。

山崎:横浜市長選の結果は、政権運営に大きな影響を与えると思います。小此木八郎さんが閣僚の座、国家公安委員長という今一番重要なポストをなげうって市長選に出た。こんなことは異例中の異例ですよ。

 僕は父親の小此木彦三郎さんと同じ派閥(中曽根派)だったし、彦三郎さんが国対委員長だった時、梶山静六さんが国対委員長代理で、私が副委員長だった時代がある。菅さんは彦三郎さんに秘書として仕えながら常に梶山さんを「政治の師」と仰ぎ、国会の施政方針演説でも梶山さんの言葉を引用している。ところが、彦三郎さんのことは一言も出てこない。私はこれが今回の行動の原因だと思うんです。

 小此木八郎さんは藤木(幸夫=横浜港運協会前会長)さんをバックとして、菅さんが推進してきたIRカジノ反対まで打ち出した。慌てた菅さんはやむなく小此木さんを応援すると言い出したが、勝てば丸く収まるが、万一負ければ、菅さんの地元での威信に傷がつきます。

亀井:あそこは大混戦だね。誰も有効得票の25%取れなくて、再選挙になるかもしれない。

山崎:横浜市長選で負けて、感染拡大も収まらなければ、内閣支持率はさらに下がる。支持率が万一20%を切るという状況になったら、かつての森(喜朗)政権のように解散権が事実上封じられる。そうして選挙の前にまず総裁選になったら、後ろ盾となっている安倍(晋三)さんや麻生(太郎)さんも菅さんの続投を支持しなくなるでしょう。

藤井:自民党における2A(安倍・麻生)の影響力は非常に大きいが、僕はもうその2Aは反・菅にシフトしていると思います。2人は選挙の負けを見越して菅さんと距離を置き、キングメーカーとしての力を維持しようとしているのではないか。

 一方、二階(俊博)さんの場合は、僕は「小型金丸」と呼んでいますが、理念はないが世の中を動かすことはうまいので、2Aとはまた違う論理で動くと思います。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン