スポーツ

競泳・大橋悠依「2冠」の裏に“嵐ファンの聖地”大野神社あり?

ohashi

金メダルを手に満面の笑みの大橋悠依選手(写真/Getty Images)

 東京五輪の競泳女子200m個人メドレーと女子400m個人メドレーで優勝し、日本の競泳女子初の“2冠”に輝いた大橋悠依(25才)。その偉業の裏には、家族の支えはもちろんパワースポットの存在もあったという。

「大学入学後、一時は極度の貧血で成績不振になり、引退まで考えました。乗り越えることができたのは、投薬治療と、何より母・加奈枝さんの手料理のおかげ。それから調子は右肩上がりです」(スポーツ紙記者)

 大橋の復活劇の裏には、手料理ともう1つ、家族の参拝があった。滋賀県栗東(りつとう)市にある大野神社。家族はここに足を運び、大橋の健康と活躍を願った。祭神は学問の神として有名な菅原道真公だが、実は馬術や弓の師とも知られており、スポーツ選手からの信仰も篤い。

「ご家族以外に、ご友人も幾度も参拝にいらしていて、ご挨拶をしたこともあります」(禰宜・大宮聡さん)。

 大橋自身もこの神社を訪れ、友人と撮影した写真をインスタグラムにアップしている。

 また、この神社は嵐ファンの聖地としても有名だ。神社の名前が嵐の大野智(40才)の姓と一致するだけでなく、禰宜の大宮さんの名前も“サトシ”。さらに「参拝したらコンサートチケットが当たった」といった噂が広まったことから、聖地化されたという。

「実は大橋選手も大の嵐ファンで、練習の合間を縫って嵐のコンサートに行くほどなんです」(前出・スポーツ紙記者)

 驚異の粘りで獲得した2つの金メダル。その陰には“嵐の聖地”パワーの後押しがあったのだろう。

※女性セブン2021年8月19・26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト