芸能

娘・アンナが聞いた梅宮辰夫さんの最期の言葉「病気してまで生きたくない」

梅宮辰夫さんが娘・アンナに遺した言葉とは(写真/共同通信社)

梅宮辰夫さんが娘・アンナに遺した言葉とは(写真/共同通信社)

 昭和の銀幕スターとして輝き、豪放磊落な私生活で“夜の帝王”と浮名を流した俳優の梅宮辰夫氏。1974年に睾丸がんを患い、以降、2018年に前立腺がん、2019年に尿管がんなど6度のがんの手術を受けては復活してきたが、2019年12月12日、慢性腎不全のため死去。81歳だった。娘・梅宮アンナが、父が遺した「言葉」を振り返る。

 * * *
 パパは「長生きって問題だな」とずっと言っていました。(2019年1月に)腎臓を摘出する手術を受ける時に、私の腎臓をあげることでパパが楽になるならそうしてあげたいと医師に申し出ましたが、「せっかくあげてもまたがんになるかもしれないから、お子さんのために残してあげてください」と言われて思い留まってしまいました。それを今でも後悔しています。

 パパは亡くなるまで10か月ほど人工透析をしていたのですが、本当に大変だった。買い物も掃除も料理も全部自分でやる人だったから、それができなくなって心が破壊されたような状態になってしまって、ケアする家族の負担も大きかった。

 誰に対しても「いいよ~」と度量が大きかったのに、何をやっても怒鳴るようになって、性格や言葉まで変わっていく姿を見るのが辛かった。

 最後に言葉を交わしたのは、亡くなる1か月ほど前。様子を見に行くと「何しにきた!」って不機嫌に……。自分の最期ぐらい、自分で決めたかったと思うんです。パパはいつも「これ以上はいい。透析もやらなきゃよかった」と話していました。

「病気してまで生きたくない」

 それが私が聞いた最期の言葉でした。

 亡くなった日、パパが救急車で運ばれた病院で蘇生措置している時に私は東京から駆けつけました。医師が「骨が折れていますが、続けますか」と聞いてきたので、「もういいです」とやめてもらいました。

 私たち家族にとって、パパはスーパーマンでした。ママ(クラウディアさん)はお姫様のような人で、パパはいつも「何もしなくていいから」と許していましたし、私も子供の頃から勉強しろなんて言われたこともなくすごく自由に育ちました。

 いつもママと喧嘩する度にパパが言っていたのは「三つ指ついておかえりなさいって言ってくれる女はいっぱいいる」。でも、ホントはパパはそういう女性は嫌でしょって思ってた(笑)。何もしない女性のほうが良かったんだろうなって。

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン