• TOP
  • 国内
  • 「飯塚被告へ」とブログを綴った池袋暴走事故遺族・松永拓也さんが語る真意

国内

2021.08.12 16:00  NEWSポストセブン

「飯塚被告へ」とブログを綴った池袋暴走事故遺族・松永拓也さんが語る真意

インタビューに応えてくれた松永拓也さん(撮影時以外はマスク着用で感染防止対策を行い取材)。

インタビューに応えてくれた松永拓也さん(撮影時以外はマスク着用で感染防止対策を行い取材)。

 2019年の池袋暴走事故で、妻・真菜さん(31才)と長女・莉子ちゃん(3才)と失った松永拓也さんが、「飯塚幸三被告へ」というタイトルで綴ったブログが話題を呼んでいる。

「一審の判決が出たら、もう辞めにしませんか」

 飯塚幸三被告(90)に向けた松永さんからの率直な願いがそこには書かれている。

 東京地裁で7月15日に行われた第9回裁判で、検察からは飯塚被告に禁錮7年が求刑された。9月2日にはその判決が出る。原告も被告もこの判決に不服がある場合は、2週間以内に高等裁判所に控訴することができる。

「アクセルとブレーキを踏み間違えた記憶はない」と無罪を主張する飯塚被告は、判決によっては控訴する可能性がある。さらに高等裁判所の判決に不服があれば、最高裁判所に上告することもできる。判決を前にしてブログに気持ちを綴った松永拓也さんに、その心情を伺った。

* * *

「自分のブログに書いたことがニュースになるとは思っていなかったので驚きました。加害者は僕のブログを見ていると言っていましたから、伝わればいいなと思って意志を伝えました」(松永さん)。

 飯塚被告は6月に行われた裁判で、「松永さんのブログも最近の新聞記事も読んでフォローしておりますので、(遺族の強い怒りは)十分理解しているつもりです」と述べている。

「前回の裁判から、いえ、もっと言えば裁判が始まってから、ずっともやもやしていました。そのもやもやを言語化しようと思ったんです。ブログに書いてみよう、と書き始めたら、自分でも意外なほど一気に書けました」(以下カッコ内、松永さん)

 裁判では、被害者遺族として厳罰を求める立場で臨んでいるが、ブログでは「こんな悲しい思いをする人を出してはいけない」といった自分の気持ちを素直に表すパーソナルスペースとして使い分けているという松永さん。そのため、このブログも怒りをこめた命令のようなつもりではなく、あくまで願いを綴ったと明かす。

「日本は法治国家で、無罪を主張する権利は尊重しています。三審制で裁判の結果が不服なら控訴できる権利があることも、加害者にとっては自身が裁かれるかどうか重大なことだというのもわかります。でもこれだけの証拠が揃っている中で、争いを続けるのに意味が見いだせないのです」

2018年、七五三の時の真菜さんと莉子ちゃん(松永さん提供)。

2018年、七五三の時の真菜さんと莉子ちゃん(松永さん提供)。

 真菜さんと出会うまでは、「今思えば自分は甘ちゃんというか、自分さえよければいいというような人間だった」と振り返る松永さん。

「僕は腎臓がよくなかったのに、1日にタバコを何箱も吸ったりお酒を飲み歩いて、自暴自棄になってさえいたんです。それが真菜と出会って変わりました」

 真菜さんは、松永さんの腎臓を「治してあげる」と、図書館に通って病気や食事について調べ、ほんとうに治してくれたという。

「小学生の頃から尿検査で引っ掛かっていたのに、結婚してからそれが正常になったんです。食事は健康のことを考えて、魚と取り寄せた無農薬野菜が中心の料理を毎日手作り。僕の身体も心も健全にしてくれました」

 特に好きだったメニューを尋ねると、

「そうですね・・・・・・。どれもおいしかったけれど、カレーでしょうか。スパイスから作る本格的なカレーなんです。でも莉子も食べられるように甘口で。お義母さんから教わった料理のレシピを真菜がまとめたノートが残っていますが、僕は料理が得意ではないので、もうあの味は再現できないですね。

松永さんの体調を考えて、真菜さんは毎日ヘルシーでおいしい料理を作ってくれた。松永さんが特に好きだったスパイスから作る本格的な真菜さんのカレー(松永さん提供)。

松永さんの体調を考えて、真菜さんは毎日ヘルシーでおいしい料理を作ってくれた。松永さんが特に好きだったスパイスから作る本格的な真菜さんのカレー(松永さん提供)。

 ただひとつ、今も冷蔵庫に真菜が作った魚の煮付けが残っているんです。もう食べられないでしょうけど、これで真菜の作ってくれた味が全部なくなってしまうと思うと捨てられないです」

 家事育児も忙しかったはずなのに、真菜さんは愚痴ひとつ言わなかったし、人の悪口を言うのを聞いたことがなかった、と松永さん。

「今でも真菜の欠点が思い浮かびません。真菜は行動で愛を示してくれました。僕は言葉でいつも『愛してる』『ありがとう』と伝えていました。言わない日はありませんでした。真菜は『本当にそう思ってるの? 言えばいいと思ってない?』なんて照れたように冗談っぽく言うこともありましたが、『愛してる』って返してくれることもありました。伝えていてよかったと思います。一生分は言えたかもしれません。死ぬまで一緒にいて、言い続けたかったけれど……」

関連記事

トピックス