ライフ

「ジェネリック薬は飲まない」と語る医師たちが明かすその理由

なぜジェネリック薬を飲まないのか?(写真はイメージ)

なぜジェネリック薬を飲まないのか?(写真はイメージ)

「小林化工や日医工といった後発医薬品(ジェネリック)の製造業者に製造時の違反で行政処分(業務停止命令)が行なわれたことを受けて、幅広く確認を行なうために、立ち入り検査を実施しました」

 そう説明するのは、厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課の担当職員だ。

 いま、ジェネリック医薬品の「安全性」への疑念が高まり、業界を揺るがす問題となっている。昨年、ジェネリックメーカーの不正が立て続けに発覚したのだ。

 日医工(富山市)では、2020年2月、組織的な不正が発覚。小林化工(福井県あわら市)では、2020年12月、経口抗真菌剤(水虫薬)に睡眠導入剤の成分が誤って混入していたことがわかった。

 そもそもジェネリック医薬品とは、新薬(先発薬)の特許が切れた後に販売される、新薬と同じ有効成分の薬を指す。開発費が少なくて済むぶん、販売価格も患者の自己負担も抑えられる特徴がある。

 そうしたジェネリック医薬品で相次ぐ不祥事。ついに厚労省が本格的に動き出し、全国のジェネリック製造工場などを対象に「6月1日~7月16日にかけて初の一斉抜き打ち検査を実施」(厚労省担当者)したのだ(結果は8月中に公表される予定)。

 一方、「医療費削減」を目指す政府はこれまで「ジェネリック医薬品」の普及拡大を推進してきた。医療機関や調剤薬局では、ジェネリック使用割合に応じて報酬加算が行なわれる。

 2013年に46.9%だったジェネリックの使用割合は直近(2020年9月速報値)で78.3%に達し、政府目標「2020年9月までに80%」をほぼ達成している。市場規模では1兆円を超え、今後も拡大する見込みだ。しかし、こうした普及ぶりに反するデータがある。

 厚労省が年度に2回公表する保険者(健康保険組合)別の「ジェネリック使用率」のデータだ。最新版(2020年9月診療分)の全国平均は約8割だが、医師やその家族らが加入する各都道府県の「医師国民健康保険組合」のジェネリック使用率は平均“約6割”にとどまり、全体平均を大きく下回っている。

 このデータからは「医師ほどジェネリックを飲まない」実情が窺える。そこで、自らが薬を飲む場合に先発薬を選ぶという医師たちに、その理由を尋ねた。

関連記事

トピックス

ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
小栗旬演じる北条義時(C)NHK
『鎌倉殿の13人』歴史研究家が指摘「このペースでは最後まで終わらない」
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
トイレを掃除して美しく保つことで、どんな効果があるのか(イメージ)
「素手でトイレ掃除」は美談なのか 誤解と懸念がないまぜの議論
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
高須クリニック
銀座高須クリニック院長が伝授 マスクを取る前にやっておきたい「たるみケア」
女性セブン