ライフ

「ジェネリック薬は飲まない」と語る医師たちが明かすその理由

医師・作家の志賀貢氏

医師・作家の志賀貢氏

「臭いがキツいんです」

『医者はジェネリックを飲まない』(幻冬舎刊)の著者で医師・作家の志賀貢氏が語る。

「私自身、ジェネリックは飲みません。医師は先発薬と後発薬で効果や副作用に違いが見られることを臨床現場で実感しています。ただでさえ使用に二の足を踏むところ、メーカー不正などのトラブルが相次ぎ、不信感に拍車がかかっているのです」

 そもそも先発薬とジェネリックは有効成分が同じであっても「同じ薬とは言えない」と志賀医師は語る。

「ジェネリックを使うなら『先発薬とまったく変わらない』というエビデンスがほしい。原薬、添加物は先発薬と全く同じなのか、どのような地域・工場で製造されたのか、といった情報まで吟味する必要があると考えています。過去には、ジェネリック医薬品に発がん性物質が混入していたこともある。薬の服用について慎重すぎるということはありません。

 あらゆる情報がきちんと得られるようにならなければ、医師が自ら積極的にジェネリックを服用することはないでしょう」

 いつき会ハートクリニック院長の佐藤一樹医師も、「ジェネリックは飲みません。飲むとしても、先発薬メーカーから公認を受けた『オーソライズドジェネリック』か、先発品と原薬・添加物などの原料や、製造方法・製造場所が同じ『オートジェネリック』です」と話す。

 さらに佐藤医師は「毎月の採血で中性脂肪などの数値が高い時は、脂質異常症の薬のエパデールを飲む」という。ジェネリックも販売されている薬だが、なぜ先発品にこだわるのか。

「エパデールは魚の脂からできており、酸化すると悪臭を発します。ジェネリックで先発品のような袋詰めの際の酸化防止策が取られていないと、酸化臭をキツく感じてしまうんです。私だけでなく何人もの患者さんからも苦情を聞いたことがある。後発品は有効性が落ちるというある研究所の発表や供給が不安定だった過去もあり、エパデールは先発品に限ることにしています」

 新潟大学名誉教授の岡田正彦医師はいま服用している薬はないが、誰でも必要になる可能性が高い降圧剤について「飲むなら先発薬のフルイトラン」と決めていると話す。

「一時的な鎮痛剤や塗り薬と違い、血圧やコレステロールなど継続して飲む薬はリスクにより一層の注意を払う必要がある。サイアザイド系利尿薬のフルイトランは古い薬で、世界中で学術調査がされて高評価を得ています。昔からある先発薬ほど、効果や副作用について評価したデータが豊富にあり信頼できます」

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン