• TOP
  • 芸能
  • 梅宮辰夫さん、50年前の告白 華麗なる女性遍歴に隠された「色男の弱さ」

芸能

2021.08.17 19:00  週刊ポスト

梅宮辰夫さん、50年前の告白 華麗なる女性遍歴に隠された「色男の弱さ」

梅宮辰夫さんが50年前にした告白を振り返る(写真/共同通信社)

梅宮辰夫さんが50年前にした告白を振り返る(写真/共同通信社)

 今年で創刊52周年を迎えた『週刊ポスト』。1969年の創刊当初から始まった人気連載が『衝撃の告白』だ。銀幕の大スターや渦中の人物が赤裸々に語った証言はまさに“衝撃”の連続で、『週刊ポスト』の躍進に大きく貢献した。当時、彼らはどんな思いを吐露したのか。1971年6月18日号に登場したのは梅宮辰夫。甘いマスクでモテモテだった梅宮だが、プレイボーイと呼ばれることには葛藤があったという。当時の記事から梅宮の告白を振り返る。

「知っている女の数はよくわからないけど、百五十人ぐらいかな。でもおれはプレーボーイじゃないよ。この看板だけはなんとしてでも取りはずしたいと思っているんだ」

 日本大学法学部在学中の1958年に東映ニューフェイスに合格後、梅宮辰夫は取材時点で132本もの映画に出演していた。1968年から始まった『不良番長』シリーズが大人気となり、看板スターの座に君臨。1970年、山城新伍とのコンビで『夜遊びの帝王』が公開され、主題歌も担当。幾人もの女性との噂が持ち上がった梅宮について、『衝撃の告白』では3人が回想している。

 1968年12月に梅宮と結婚したものの、半年弱で離婚した銀座のクラブ『姫』のホステスだった大門節子は「別れた私が、歌手として歩みはじめ、マスコミでさわがれだす。スターの彼よりも脚光を浴びる。そのことに彼は耐えられない」と貶した。

 交際4年半で半同棲もした久保菜穂子は「私にとっては、学ぶところの全然なかった人ね。(中略)過去のある日、スーと通りすぎていった人という記憶だけが、かすかに残っているだけです」と言い切った。

 梅宮が最近惚れたという離婚歴のある松尾和子は「お酒の好きな私には、気がねなくつきあえる、かっこうの飲み友だちですわ」と恋愛対象外だと突き放した。

 女性遍歴を振り返りながら梅宮は自己分析を始めた。

「影の部分に魅かれながら、結局は、その影によっておれは押し潰されてしまっている。女はもっと弱いはずなのに、おれにすがろうとはしてくれない」

 そして、逃れられない心理に気付く。

「男のおれのほうがよっぽど弱いのかもしれない。別れた後で、おれはいつも『あの女、今ごろ何をしてるかな? 幸せにしているかな?』って思うんだもの」

 精神的に女性にのめり込むという梅宮は、意外にもセックスには淡白だという余計な告白も厭わなかった。

「いちどだけ枕もとに時計を置いてやったことがあるけど、二十分ももたなかったものな。税金のことなんか考えて気を散らしたけど駄目だった」

関連記事

トピックス