• TOP
  • 芸能
  • 長瀬智也、引退後初告白「俺がやりたいことは、日本でやっている奴いないから」

芸能

2021.08.19 11:00  女性セブン

長瀬智也、引退後初告白「俺がやりたいことは、日本でやっている奴いないから」

沈黙を破った長瀬智也

沈黙を破った長瀬智也。友人とカフェで話す(今年6月)

 日本各地を豪雨が襲った8月中旬の昼過ぎ。都内のある施設から黒のキャップに白いマスク、黒縁メガネ、紺のTシャツの男性が姿を現した。『女性セブン』の記者が「長瀬さん!」と声をかけると「はい?」とこちらを見る。男性は長瀬智也(42才)だ。昨年3月末をもってTOKIOを脱退、ジャニーズ事務所も退所した長瀬。だが、表舞台を去ったいまもオーラや輝きは一切失っていなかった。

「もう、こういう取材には答えるつもりはないんですけどね。だって俺、世間的に(芸能界を)引退したことになってるんだから……」

 一瞬、怪訝な表情を見せたかと思うと、すぐに柔和な表情に戻る。どこか角が取れたように穏やかな口調で長瀬は語り始めた。まるで、この約5か月間の沈黙を埋めるかのように。

──最近、バイクやスケボーなど、すごく趣味を楽しんでいらっしゃいますよね。

「うん」

──映画など、俳優として再びメディアで活動する気持ちはないですか?

「別にそこは(引退と)イコールじゃないと思うから。やろうと思ったら、いくらだってできる。どんな肩書の人だって映画は撮れるし。ただ、俺がやりたいと思っていることは、日本でやっている奴がいないから。説明してもみんなわからない」

 それは何なのか。記者が改めて尋ねると、長瀬はこう言い放った。

「それはだから、俺が生きていく上で、(その姿が)見えてくるから。それを見て。じゃないと、いまの世の中の人って、全部説明しなきゃ理解できない人たちばっかりじゃないですか。それにつきあっている暇は俺にはないから」

 言葉に思いの強さが感じられる。

──やりたいことがたくさんあるということですか?

「俺は別に、お芝居がやりたいとか、歌がやりたいとか、何か1つじゃなくて、自分がやってきたことすべてをやりたいだけで」

関連記事

トピックス