スポーツ

羽生結弦『24時間テレビ』出演 震災から10年の節目に「絶対やる」の決意

北京五輪が半年後に迫る中、『24時間テレビ』への出演も決断(時事通信フォト)

北京五輪が半年後に迫る中、『24時間テレビ』への出演も決断(時事通信フォト)

《笑えなかったり苦しいときだったり、たくさんあるんですけど、それでも前を向いて一歩ずつ歩いて行こうっていう想いが届けばいいなって。(中略)皆さんの力と、皆さんのエネルギーみたいなものと一緒に滑りたいなと思います》

 8月12日、羽生結弦(26才)が『news every.』(日本テレビ系)の放送で、同局の『24時間テレビ44』(8月21~22日)への出演を明かした。北京五輪が6か月後に迫るなか、羽生が出演を決めたことに驚く関係者は多い。

「『24時間テレビ』への参加はこれが8度目。2014年から毎年、被災地への想いを胸に、ショーを披露してきました。それも毎回、オリジナルの特別なパフォーマンスを用意するので、演出や練習も含めて、費やす労力は相当なものだと思います。昨年はコロナの影響もあり、リモートインタビューのみの出演。今回はコロナに加えて北京五輪シーズンということもあって、出演しないのではと噂されていたんです」(テレビ局関係者)

 今年は東日本大震災から10年という大きな節目。大震災に襲われたとき、まだ16才だった羽生は、地元、宮城県にあるスケート場・アイスリンク仙台で練習に励んでいる最中だった。家族とともに避難所での生活を余儀なくされ、生きるのに精一杯。リンクが被災して閉鎖したこともあり、スケートを辞めることも考えたという。

「それでも羽生選手はリンクに立つことで復興を支援したいという想いから、拠点を移して滑り続けた。数多くのチャリティーイベントやアイスショーにも出演し、自身の書籍の印税などは全額復興のために寄付してきました。負担が大きい『24時間テレビ』への出演を続けてきたのもそのためです。10年の節目だからこそ、今年は『絶対にやる』という決意なのでしょう」(フィギュアスケート関係者)

 今年、3月22~28日に行われた世界選手権のエキシビションでは、復興支援ソングである『花は咲く』に合わせて滑った。4月には、疲れた体に鞭打って、東北全体の復興を象徴する施設である青森県八戸市の『FLAT HACHINOHE(フラット八戸)』でのアイスショーに出演した。

関連記事

トピックス