芸能

坂上二郎さん 欲望を一気に解き放った22才の“初体験”物語

坂上二郎さんの赤裸々告白を振り返る(写真/共同通信社)

坂上二郎さんの赤裸々告白を振り返る(写真/共同通信社)

『週刊ポスト』創刊当時の名物コーナーが「衝撃の告白」。銀幕のスターや渦中の人物が赤裸々に語る証言はまさに“衝撃”の連続だった。1971年10月22日号に登場したのは坂上二郎。萩本欽一と「コント55号」で大活躍した“二郎さん”の赤裸々告白を振り返る。。

「別にコンビ解消ってのじゃありませんよ。だいたいね、欽ちゃんの芝居をパッと受けられるの、ぼくしかないですよ」

 歌手を目指して鹿児島から上京した坂上二郎は、26歳の1960年に浅草のフランス座に流れ着く。この地で萩本欽一と出会い、1966年にコント55号を結成。舞台を所狭しと走り回る斬新なスタイルが話題となり、1968年の『お昼のゴールデンショー』を皮切りに、テレビ界を席巻。翌年にはレギュラー週13本を抱えた。だが、2年後の取材時には2本に激減。解散を噂されていたが、二郎さんは否定した。

「ぼくは『狎(な)れ』という言葉がきらいなんですよ。仕事でも、つきあいでも『なれ』ちゃいけませんね」

 1971年10月から欽ちゃんは『スター誕生!』、翌年に『オールスター家族対抗歌合戦』の司会に抜擢された。二郎さんは1974年にドラマ『夜明けの刑事』に主演し、歌手としても『学校の先生』で27万枚のヒットを飛ばす。2人とも新分野で成功を収めたが、解散はせずに1973年に『コント55号のなんでそうなるの?』、1975年に『ぴったしカン・カン』など新番組も始めた。

「人間には二通りありますよ。率先してやるタイプと、引っぱられていくうちに味がでていくタイプとね。ぼくは『引っぱられ型』なんだから……」

 欽ちゃんとの関係をこう例えた二郎さんを、記者は童貞喪失話に誘導していく。忘れもしない15年前、歌手・青木光一のカバン持ち兼司会を務めていた22歳の青年は福岡・行橋市で大人になった。巡業中の夜、「一度はハってみろよ」とけしかけられ、マネージャーに連れられ、深夜3時に遊郭へ赴いたのだ。

「やり手婆さんに、『初めてだ』と告白しちゃった。ところが、婆さんは本当にしないんだな。ぼくのこの顔でしょう。三十すぎに老けてみられていましたもんね」

 婆さんはシワの滲んだ乳を垂らしながら、激怒した。

「うそをいいンしゃい。いい年して童貞なんて、あンた、うそいってもだめよ」

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン