ライフ

頭痛、腰痛、肩こり 睡眠時間や日常生活の見直しで鎮痛剤は減らせる

鎮痛剤を減らすためのポイントを医師たちが解説(写真は大和田潔医師)

鎮痛剤を減らすためのポイントを医師たちが解説(写真は大和田潔医師)

 汎用性の高い鎮痛剤(非ステロイド性抗炎症薬)は最も身近な薬と言えるかもしれない。一度、服用を始めると「痛み」が生じるたびに手に取ってしまいがちだが、頻繁な服用にはリスクも懸念される。リストにあるような鎮痛剤は様々な身体の痛みに処方されているが、どこが痛むかで断薬への考え方やステップが異なる。

 なかでも使用頻度が高くなりがちなのが頭痛だ。25年以上「薬に頼らない頭痛診療」を続ける秋葉原駅クリニック院長の大和田潔医師が指摘する。

「来院患者の多くが市販の鎮痛剤を服用していますが、対症療法にすぎません。むしろ鎮痛剤を飲み続けると薬が切れることでより強い痛みが生じる『薬物誘発性頭痛』が発生する。薬の量が増えたり、さらに強い薬を服用するケースがあります」

“脱・鎮痛剤”を行ないながら頭痛を抑えるには、「脳を休ませること」がポイントとなる。

「慢性頭痛の背後には、睡眠リズムの乱れと脳の酷使があります。なるべく1日7時間ほどの睡眠時間を確保して、脳を休ませることが鎮痛剤の減薬や断薬につながります」(大和田医師)

 鎮痛剤は「身体の痛み」にも処方される。厚労省によると、日本人が症状を自覚する病気やケガのランキングでは、男性の第1位・女性の第2位が腰痛である。

 腰痛に詳しい横浜市立大学附属市民総合医療センターの北原雅樹医師は、日本の腰痛治療の在り方に異を唱える。

「日本は世界から後れを取っています。症例の多い脊柱管狭窄症や腰椎すべり症などで不要な手術や古い治療をすることにより、施術後に鎮痛剤が増えるケースが多い。これではもともと多剤処方を受けている高齢者などは、副作用のリスクが増してしまいます。

 加齢とともにちょっとした身体の痛みが出るのは当たり前のこと。特に腰の痛みは原因不明のものや治療法が確立していないもの、自然治癒するものがあり、症状を悪化させる恐れのある治療や服薬は避けるべきです」

 慢性的な腰痛治療では、鎮痛剤はあくまで「補助的な治療」とされる。

「治療のメインは日常動作や生活習慣の改善で、瞑想やリラクゼーションなどの心理療法や理学療法、運動療法でも痛みを和らげることができます。これらの処置で痛みが取れなかったら、慢性痛ではなく他の病気を疑うべきです」(北原医師)

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン