• TOP
  • スポーツ
  • 中田翔の巨人電撃移籍は「二岡・モナ不倫」騒動の恩返し説も

スポーツ

2021.08.28 11:00  週刊ポスト

中田翔の巨人電撃移籍は「二岡・モナ不倫」騒動の恩返し説も

中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)

中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)

「真の強打者ですね」──8月22日、巨人移籍後初スタメンで「復活アーチ」を放った中田翔(32)を現地で観戦した長嶋茂雄・終身名誉監督は窓をたたいて喜んだ。

 阪神と優勝争いを繰り広げる巨人・原辰徳監督にとって昨年のパ・リーグ打点王の加入は心強いが、球界内外からは批判の声があがっている。

「中田は後輩選手への暴行トラブルで日本ハムから“無期限”の出場停止処分が科せられたが、20日に巨人へ無償トレードされたことで、出場停止はわずか9日で解除された。古巣での謝罪会見を開かずに巨人で入団会見を開いたことや、暴力という球界全体の問題なのに対応しなかったNPBにも批判が集まっている」(スポーツ紙デスク)

 そんななか原監督は、今回のトレードは栗山英樹監督から電話で相談されたことや、球団首脳陣に「もう一度チャンスを与えるべきだ」と強く進言したといった、本来は極秘なはずの交渉の舞台裏をスポーツ紙の取材に明かしている。

「原監督の対応は“責任は自分が負う”という覚悟の表われでしょう。球団首脳陣のなかには獲得に慎重を期すべきだと唱える声もありましたが、原監督が引かなかったのは、前任の梨田昌孝監督と栗山監督への“恩”があったからだと言われています」(同前)

 13年前、原監督は主力選手2人の処遇に頭を悩ませていた。二岡智宏(現・巨人三軍監督)がアナウンサーの山本モナとの不倫、さらに中継ぎの一角だった林昌範も知人女性に全裸写真を送ったことが相次いで報じられ、OBの王貞治氏が苦言を呈するなど騒動になっていたのだ。

「困った原監督は、日ハムの梨田監督にトレードを頼み込み、日ハム移籍となったと聞いています。原監督は現役引退後にNHKの解説者を務めていましたが、“先輩解説者”だった梨田監督が相談に乗るなど友好関係が築かれていた」(同前)

 蜜月関係は梨田監督の後任として就任した栗山監督との間にも築かれた。

「栗山監督は“原マニア”を自称するほど指導者として原監督を尊敬しており、常に立ててきた。原監督が退任すると、2016年オフには原監督が母校・東海大相模の後輩として目をかけながらくすぶっていた大田泰示(31)をトレードで獲得、見事に大成させた。後ろ盾を失って巨人に居場所がなくなった選手を花開かせてくれたことに恩義を感じ、中田の獲得を引き受けたのでしょう。今回のトレードはまさに原監督の“恩返し”だ」(巨人番記者)

関連記事

トピックス