国内

池袋暴走事故 判決前の遺族・松永拓也さんが110人に届けた言葉  

2019年に起こった池袋暴走死傷事故で犠牲となってしまった松永真菜さんと長女・莉子ちゃん。遺族である夫の松永拓也さんは、真菜さんは恥ずかしがり屋だったから、写真を公開することを毎回迷うという。それでも、「生きていた時の写真や動画を見て、多くの人に交通事故の現実を感じてほしい。そして事故がひとつでも防げるなら」という思いをもって写真を提供してくれた。

2019年に起こった池袋暴走死傷事故で犠牲となってしまった松永真菜さんと長女・莉子ちゃん。遺族である夫の松永拓也さんは、真菜さんは恥ずかしがり屋だったから、写真を公開することを毎回迷うという。それでも、「生きていた時の写真や動画を見て、多くの人に交通事故の現実を感じてほしい。そして事故がひとつでも防げるなら」という思いをもって写真を提供してくれた。

 2名が亡くなり9名が重軽傷を負った池袋暴走死傷事故。妻・真菜さん(当時31才)と長女・莉子ちゃん(当時3才)を亡くした松永拓也さんは、無罪を主張する飯塚幸三被告との裁判を行いながら(9月2日に刑事裁判の判決公判)、「ふたりの命を無駄にしないためにも、二度と交通事故が起きない社会を作りたい」と交通事故撲滅活動を続けている。

 そして、尊い命を守っていくことへの意義を感じ、「一般社団法人 関東交通犯罪遺族の会(あいの会)」の副代表理事に就任する決断をした。

 事故の後、「生きていても意味がないんじゃないか」と命を絶ってしまおうとさえ思い詰めていた松永さんに一筋の道を示してくれたのが、「関東交通犯罪遺族の会」代表理事・小沢樹里さんからの「一人で悩まないでください」という手紙だった。

 多くの人は「交通事故で人が亡くなった」と聞けば、「かわいそうに」と思うだろう。しかし自分事として受け取ることができるだろうか。松永さんも「交通事故は映画やドラマの中の出来事で、自分達とは違う世界、とどこかで思っていたところがあります」と話す。

 突然、大切な家族を奪われたり、後遺症の残る怪我を負う被害者になってしまうかもしれないこと。また、安全運転を怠たることで加害者になってしまう可能性もあること。そうした実感を持つのはなかなか難しい。

 交通事故によって、あたりまえだった生活が突然大きく変わってしまうことを改めて心に刻む機会となったのが、松永さんら交通犯罪遺族が体験を語る「第1回命の里プロジェクト」だ(8月22日、オンラインで開催)。

 これまでも被害者支援や交通事故被害について伝える学生向けのプロジェクトなど行ってきた「関東交通犯罪遺族の会」が、7月に一般社団法人として登録して初のイベントとして特に思いをこめて開催された。

 募集を開始してすぐ定員になった参加者110名は若い世代から高齢の方まで幅広く、またボランティアが運営するなど、交通事故をなくすためへの世間の関心の高さが伺えた。

 遺族のリアルな言葉には、何より「思い」が詰まっている。その気持ちを伺うことで、交通事故がどんなに悲惨か、起こしてはいけないものかがより強く実感できる。

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン