• TOP
  • ライフ
  • 往年の「世界名作シリーズ」人気投票 1位『ハイジ』、2位『小公女セーラ』

ライフ

2021.09.03 16:00  女性セブン

往年の「世界名作シリーズ」人気投票 1位『ハイジ』、2位『小公女セーラ』

(写真/GettyImages)

好きな世界名作シリーズの1位は?(写真/GettyImages)

 毎週日曜日夜7時30分から放送されていたアニメ番組“世界名作シリーズ”をご存知だろうか。主に欧米の児童文学を原作としたテレビアニメシリーズで、1974年から2009年まで、年に1作品ずつ放映された。その代表作は『アルプスの少女ハイジ』、『フランダースの犬』、『あらいぐまラスカル』など。人気作の平均視聴率は20%を超え、お茶の間の定番番組となっていた。

(※“世界名作シリーズ”をどの作品から数えるのかは諸説あるが、今回はシリーズの流れを決定づけた『アルプスの少女ハイジ』からとする)

 世界名作シリーズの人気の秘密について、アニメ評論家の藤津亮太さんはこう語る。

「世界名作シリーズには、それまでの日本アニメに多かったギャグやアクションの要素がなく、日常が丁寧に描かれている点が新鮮でした。それが週1回、1年間、視聴者の生活と並走するように放送され、視聴習慣が定着したといえます。また、家庭的に幸福ではない子供が健気に耐え抜く物語が多く、感情移入しやすい作品が揃っていました」(藤津さん)

 内容もさることながら、背景の美しさも私たちを魅了した。

「『アルプスの少女ハイジ』では、テレビアニメでは初となる現地ロケハンを敢行。以来多くの作品でロケハンが行われ、海外の風景や街並み、生活を美しい絵と音楽でリアルに伝えてくれました。まだ海外旅行が縁遠かった当時、海外の風景を見て胸を高鳴らせた視聴者も多かったでしょう」(藤津さん)

 そこで、女性セブンの読者1464人を対象に「好きな世界名作シリーズの作品」についてのアンケートを実施。そのベスト10を紹介しよう。

第1位 『アルプスの少女ハイジ』(1974年)
第2位 『小公女セーラ』(1985年)
第3位 『フランダースの犬』(1975年)
第4位 『あらいぐまラスカル』(1977年)
第5位 『母をたずねて三千里』(1976年)
第6位 『赤毛のアン』(1979年)
第7位 『家族ロビンソン漂流記 ふしぎの島のフローネ』(1981年)
第8位 『ロミオの青い空』(1995年)
第9位 『ペリーヌ物語』(1978年)
第10位 『七つの海のティコ』(1994年)

取材・文/桜田容子

※女性セブン2021年9月16日号

関連記事

トピックス