• TOP
  • 芸能
  • 木村拓哉が差し入れた「マスカレードマスク」 公式グッズ化の可能性も?

芸能

2021.09.07 07:00  女性セブン

木村拓哉が差し入れた「マスカレードマスク」 公式グッズ化の可能性も?

キムタクの差し入れマスクとは

木村拓哉の差し入れマスクとは

 2022年、世界同時配信されるドラマ『THE SWARM』の撮影を終えた木村拓哉(48才)が8月下旬、イタリアから帰国した。

「木村さんは9月上旬まで、自主隔離をするようです。イタリアから帰国した人は全員、14日間の隔離が義務付けられていますからね。ホテルなどではなく、自宅でリラックスしながら過ごしているようです」(芸能関係者)

 木村がこのタイミングで帰国したのは、撮影が終わったから、という単純な理由だけではない。9月17日に公開を控える映画『マスカレード・ナイト』の宣伝期間に入ることも関係しているだろう。

「長澤まさみさん(34才)との軽妙な掛け合いとスリリングな展開が評判を呼び、前作の『マスカレード・ホテル』は2019年の邦画興行収入ランキング6位という好成績を残しています。最新作もその波に乗るべく、公開前にテレビジャックをするため、隔離期間を計算して帰国したのでしょう」(テレビ局関係者)

 大ヒットへの思いは、すでに木村のSNSに表れている。行動に制限が掛かるなか、主要キャストとの集合写真を自身のインスタグラムで公開することで、ファンの気持ちを高めているのだ。その写真を見た50代の女性ファンが思わぬところに注目する。

「さすが木村さんだと思いました。最近は撮影のときだけマスクを外すのが当たり前になっているのですが、木村さんはマスクをしたまま写っているのです。そして、ちゃんとマスクに描かれている“あのロゴ”を見せている。思わず、“よ! 座長!”と膝を打ちましたよ」

“あのロゴ”とは、映画のシンボルでもある、真っ赤なアイマスク。スタッフやファンの間で、そのロゴが入ったマスクは“マスカレードマスク”と呼ばれているようだ。

「このマスクは、撮影中の1月に、共演者を含めたスタッフ全員に木村さんが配った差し入れなのです。個包装された特製マスクで、遮断性・防塵性が高いのはもちろん、おしゃれでスタッフの間でも大好評だったと聞きました。あまりに素敵だから何枚も取るスタッフもいて、《お1人1枚です!!》と注意書きまでされたほどです」(映画関係者)

関連記事

トピックス