芸能

山田孝之の「農園サロン」 ファンが押し寄せ、地元住民紛糾騒動

『全裸監督』で村西監督を演じる主演の山田孝之

山田孝之が農業を始めた山梨県のとある集落に人が続々(写真は2019年)

 コロナ禍で農業を始めたり、地方へ移住したりする人が増え始めた。政府もさまざまな制度を設けて応援するが、そこに住む人々はどう考えているのだろうか。芸能人の場合、一般人以上に厳しい現実があるようだ。

「この地域は、高齢者が静かにのんびりと暮らしている場所なんです。それなのに、あの報道以降、県外から人が続々と集まってきてしまった……」

 山梨県のとある集落に住む女性が困惑した表情で話す。集落が位置するのは、最寄りの駅から車で20分ほどの山間部。黄金色に輝く棚田や畑、貴重な野生動物の生息地である里山が広がっている。

 そんな日本の原風景ともいえるのどかな集落に、この春、大きな変化があった。俳優の山田孝之(37才)と、彼が主宰する自給自足プロジェクトのメンバーが土地を借り、農業を始めたのだ。

「10年以上、放置されていた耕作地を借りて、山田さんの大好きなパクチーやトウモロコシ、きゅうりなどの野菜を無農薬で育てています。農業を始めるにあたっては専門家を招いて勉強会を開き、土づくりから始めたそうです」(農業専門誌記者)

 彼がこの土地と出合ったのは今年1月。自然農法を実践できる場所を探していたところ、山梨県に移住していた友人から紹介されたという。土地の持ち主であるAさんはこう話す。

「知人から俳優さんが土地を借りたいと言っていると連絡があって、びっくりしました。農作業を始める前に一度、山田さんご本人がみえて、熱心にビジョンを語ってくれて。私としてはあの土地を使ってもらえて、感謝しているんです。日本には耕作放棄地がいっぱいありますからね」

 日本の原風景と農業を守りたい──そう考える半面、自分が動くことで、住民たちの静かな暮らしを壊してしまいかねないリスクも彼は理解していたようだ。SNSやメディアのインタビューで地名を明かさないことをAさんや地元住民に約束。プロジェクトのメンバーにも、SNSで畑の場所を明かさないように厳命した。

 しかし、今年4月。地元の新聞社が彼らの活動を取材した際、畑のある場所が報じられてしまった。

「山田さんたちは、紙面の隅に小さく載る程度だろうという認識だったそうです。でも蓋を開けてみたら、見出しに大きな文字で地名が書かれていて……」(冒頭の女性)

 記事が出て以降、地元住民たちの山田やプロジェクトのメンバーを見る目が変わったという。70代の男性は眉をひそめながら話す。

「ここのところ、彼のファンや野次馬が全国から来るようになってね。畑の近くで写真を撮るくらいならまだマシ。山田さんが移住していると思い込んで、住所を教えてくれませんか?と近隣住民の家に訪ねてくる人もいるんですよ。この辺に住むのはほとんどがお年寄りなので、新型コロナのウイルスが持ち込まれる危険性を考えると、他県から若い人は来ないでもらいたい」

関連キーワード

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン