• TOP
  • 国内
  • 最新銀座事件簿「数百本の祝花が路上を占拠」「明日花キララが殴り込み」

国内

2021.09.09 16:00  週刊ポスト

最新銀座事件簿「数百本の祝花が路上を占拠」「明日花キララが殴り込み」

ずらりと花の行列が…

ずらりと花の行列が…

 コロナ禍で客足がぱったりと途絶え、苦況にあえぐ夜の街・銀座。はたして今の銀座のクラブはどうなっているのか、大人の社交場の最新事件簿を紹介しよう。

 6月某日、並木通り沿いに数百本の花が並び周囲を仰天させた。銀座評論家の堂満謙一氏が言う。

「これは昨年6月に福岡・中洲から銀座に進出した彩花ゆいさんの誕生日を祝う花です。入店から12日間で1000万円を売り上げたそうです」

 そして翌月、またもや大量の祝花が並んだという。老舗バーのママが語る。

「銀座歴の長い子が独立した開店祝いで300本の花が並木通りに並んだんです。当日は花が公道にはみ出したことで警察が注意する一幕もありましたが、中洲の女に対抗した銀座の女の心意気を見た気がして、私まで元気になりました」

 銀座には花が似合う。そんななか、タレントで実業家の明日花キララが銀座にキャバクラ『J-VOGUE』と女性が私服などでサービスする自由なサロン『SALON ONE MILLION』の2店舗を開店。伝統の街に殴りこみをかける。

「歌舞伎町でも六本木でもなく銀座を選んだのは、再開発中の銀座は若い女性にとって憧れの街であるべきなのにその魅力に気づいていなくて、若い人に発信力のある私なら、変えられると思ったからです。銀座のクラブは平均寿命11か月といわれますが、3年後には明日花キララ=銀座と呼ばれるように頑張ります」

 銀座を取り巻く環境のもう1つの問題が再開発だ。

「高級クラブが集う『並木通り』を中心に老朽化したビルが多く、建て替え時期が迫っている。再開発の計画が少なくないが、新しいビルはブティックなどがメインで“クラブNG”の流れが加速している」(不動産関係者)

 銀座のバー「ザボン」の水口素子ママはこう嘆く。

「2019年にビルの建て替えと、新しい建物にクラブは入居不可と言われ、店を引っ越すことになりました。このあたりでは、同じようにクラブ不可の建て替えが進んでいくと聞いています」

 刻一刻と銀座の街は変貌を続けているのだ。

※週刊ポスト2021年9月17・24日号

関連記事

トピックス