芸能

クレイジーケンバンドがカバー集発表「昭和の歌からパワーを与えられた」

横山

クレイジーケンバンドの横山剣が“昭和の名曲”をカバーしたアルバム『好きなんだよ』をリリース

 クレイジーケンバンドが1970年代から1980年代の“昭和の名曲”をカバーしたアルバム『好きなんだよ』をリリースした。横山剣(61才)に話を聞く。

 カバーアルバムを作りたいという思いは以前からあったものの、時間的な問題からなかなか取り組むことができずにいたのだという。

「コロナ禍の自粛中にいまならできる、いまこそ着手すべきだと閃いて。

 まさか、あれほどまでに苦しい作業になるとはゆめゆめ思っていませんでした。とにかくプレッシャーがきつくてね。オリジナルのアルバムを発表するときには、新曲を制作しなくてはいけないから大変なのですが、カバーアルバムは、既存の歌を自分なりに歌うという作業なので、“楽しんでやろう”くらいの気持ちでいたんです。はっきり言って、舐めていたわけですが(笑い)。

 作詞・作曲なさった先生がたや、歌手のかたがたをリスペクトするあまり、アレンジをするにしても歌うにしても、異常に緊張してしまい、原曲の魅力を残したい、でも自分なりの表現を加味しないとアルバムを作る意味がないと苦悩して。そのあたりのさじ加減が難しかったですね」(横山剣・以下同)

 試行錯誤を繰り返す中、「聴いた人に、『懐かしいけれど、なんだか新しいね』と言ってもらえるようなアルバムを目指した」と語る。

「昭和の時代の音楽を聴いて、『あの頃はよかった』と懐かしむだけではなく、“人生って素敵だな”とトキメキを覚えてほしい。大人になったいまの自分ならではの感性で歌の意味を理解し、人生に対する新しい世界観や価値観を構築してもらえたらいいなと思っています」

 恋の歌が多いが、「50代、60代でも、遅くない!」とキッパリ。

「いくつになっても、恋をするなんて素敵じゃないですか! 好きに生きればいいんですよ。人生は泣いても笑っても一度きりなんだから、楽しまなきゃ損だ、誰に遠慮がいるもんか、みたいなノリでね(ハハハッと声をあげて笑う)。

 昭和の曲もそうですが、堺正章さんとか、当時のスターのかたがたは、いまでもお会いするとカッコイイ、ステキなかたが多くて憧れます。僕はカバーアルバムの制作を通して、昭和の歌からパワーを与えられました。まだまだ、これからが人生の本番だと意気込んでいます」

 * * *
 好評発売中のカバーアルバム『好きなんだよ』。初回限定版CD+Blu-ray8580円。『プラスティック・ラブ』『DOWN TOWN』『スカイレストラン』『やさしさに包まれたなら』『接吻-kiss-』『時間よ止まれ』『最後の雨』『雨に泣いている』『横須賀ストーリー』『空港』『難破船』など、CKBテイストの全21曲が収録されている。

昭和の歌謡曲が好きすぎて…

昭和の歌謡曲が好きすぎて…

【プロフィール】
横山剣(よこやまけん)/1960年、神奈川県生まれ。1981年にクールスRCのボーカリストに。1997年、クレイジーケンバンドを結成し、翌年デビュー。作曲家としても多くのアーティストに楽曲を提供。2021年9月8日、初のカバーアルバム『好きなんだよ』が発売に。

取材・文/丸山あかね 撮影/森浩司

※女性セブン2021年9月30日・10月7日号

関連記事

トピックス