国内

YouTubeに投稿される動物系「残虐動画」 越えてはならない一線は?

「100日後に食われるブタ」はフィクションだった(YouTubeより)

「100日後に食われるブタ」はフィクションだったというが…(YouTubeより)

 今年5月に開設されたYouTubeチャンネル「100日後に食われるブタ」が物議を醸した。同チャンネルは、100日後に食肉処理する予定のミニブタ「カルビくん」の日常風景を毎日アップしたものだ。「食に感謝するきっかけになる」と評価する声もある一方で、「食べられるまであと○日」というカウントダウンなどの演出に対して、「悪趣味だ」と批判の声もあがった。

 そして、ついに100日目である9月1日、ブタを調理して丸焼きにする動画が投稿された。しかし、9月10日、カルビくんの無事を伝える新作動画「お騒がせしました、僕は元気に生きています!」が投稿され、ニュース番組などにも取り上げられたブタ騒動はこうして幕を下ろした。

「100日後に食われるブタ」は総再生回数1000万回を超える反響を招き、匿名ネット掲示板「2ちゃんねる」(現・5ちゃんねる)の開設者である「ひろゆき」こと西村博之氏にも「絶対伸びる」と絶賛された。今回はドッキリという結果だったが、同様のコンセプトの動画チャンネルがまた現れる可能性は十分ありそうだ。

 ほかにもYouTube上には、賛否両論を招いている生き物を扱った動画が存在する。その代表格と言えるのが、爬虫類に生きた小動物をエサとして与える様子を撮影した「生き餌動画」だ。もちろん、エサ用のラットなどはペットショップでも普通に販売されており、爬虫類を飼育する人間にとって、生き餌に関する情報は参考になるものだろう。しかし、なかには「カエルVSネズミ」のようなタイトルをつけたり、叫び声の効果音を加えるなど、バラエティ的な演出が施されたものもある。

 オンライン署名サイト「Change.org」では、「動画共有サービスでハムスターを生き餌として与える動画を規制してほしい」と求める運動も起こった。発起人は「確かに爬虫類両生類の餌にマウスなどの活き餌(ママ)を与えることは珍しくないこと」と理解を示しつつ、「わざわざ捕食シーンを動画にアップすること」を問題視している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン