ライフ

がんになった緩和ケア医の本音「がん患者への目線も変わった」

緩和ケア医の大橋氏

緩和ケア医の大橋氏

 終末期のがん患者と向き合うのが緩和ケア医の重要な仕事のひとつだが、「医師と患者」という関係性のなかだけでは、見えにくい部分もあるのかもしれない。

『週刊ポストGOLD 理想の最期』ではジャーナリスト・岩澤倫彦氏が“がんになった緩和ケア医”にインタビューし、そうした経験から見えてきた「人生の終わり方」についての考えをレポートしている。

 * * *

 緩和ケア医の大橋洋平医師は、2018年6月に胃の入り口に10センチ大のがんが見つかった。ジスト(消化管間質腫瘍)という、希少がんの一つである。手術で胃をほぼ全摘したが、翌年には肝臓の転移が見つかった。以来、抗がん剤治療を続けている。

 その経験を『がんを生きる緩和ケア医が答える命の質問58』(双葉社)などの著書に記した。患者の立場になって、初めて分かったことも多いという。その一つが「オムツ」。

「ジストで入院中に、私も初めてオムツを付けました。それで排泄しても大丈夫と言われても無理です。這ってでも、自分でトイレに行きたい。それなのに医者として私は “オムツにしてください”なんて平気で言っていました」

 以下は、そうした経験を持つ大橋医師の「最期」についての考えだ。

●緩和ケアの必要性

「がんが進行して死が実感されてくると、身体だけでなく、心、いわゆるスピリチュアルな痛みがどんどん強くなっていきます。それは薬では取れません。早期からの緩和ケア、というけれど、本当に必要性が出てくるのは後半戦。そして忘れられがちなのが、家族の苦しみです。これを和らげるのも緩和ケアの大事な役割です」

●死に場所にこだわらない

「最期は家で死ぬか、病院か、という議論は意味がないと思います。病院はプライバシーもない。コロナ禍では面会もできない。もちろん、家で自由に過ごす方がいいに決まっています。でも、最期は家族に負担をかけたくない、という理由から病院で死にたいという患者もいました。言えることは、患者が“自律的”に決めるということではないでしょうか。“自律”が保たれている時、人間は苦しくないのです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン