ライフ

コロナ禍の食生活で虫歯進行「高濃度フッ素ハミガキは毒」の誤解も

普段からできる虫歯への対策は?(イメージ)

普段からできる虫歯への対策は?(イメージ)

 年をとって改めて自分の歯を鏡で見ると、若い頃よりも、歯が“長くなった”という印象を抱く人も多いのではないだろうか。加齢によって歯肉が下がってしまったのである。

 虫歯治療の権威である東京医科歯科大学の前副学長・田上順次氏(現・徳真会先端歯科センター長)によると、これまで歯肉に隠れていた部分は虫歯のリスクが高い。これはシニア世代に特有の「根面う蝕」と呼ばれる虫歯だ。

 その予防には高濃度のフッ素入りハミガキが有効だとされているが、一部に「フッ素は体に毒」だと信じ込む人もいるようだ。これについて田上氏に聞いた。

「根面の部分は象牙質になっているので、虫歯になりやすいのです。そこにフッ素を塗布したり、普段から高濃度フッ素入りハミガキペーストでケアすることが必要です。

 フッ素の安全性は世界中で確認されていますし、市販の高濃度ペーストをたとえ飲み込んでも、中毒や副作用になる恐れはありません」

 副学長時代も一般外来を担当してきた田上氏。現在も民間のクリニックで診療を続けているが、コロナ禍で気になることがあるという。

「最近診た患者の中には、虫歯が一気に進行している人がいました。テレワークの推奨で在宅勤務になり、普段よりも頻繁におやつを口にしている影響かもしれません。

 糖分や飲み物で口腔内が酸性になると、『脱灰』と言って歯の表面が溶け出します。これを食い止めるのが唾液の成分で、『再石灰化』と言います。ただし、頻繁におやつ等を食べると、『再石灰化』の時間がなくなって、虫歯が進行してしまうのです」

“ダラダラ食い”の習慣を見直し、時間を決めて食べるようにする、おやつや酸性飲料を飲んだ後は必ず歯を磨くか水で口をすすぐなどの対策をとったほうがいい。

レポート/岩澤倫彦(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2021年10月8日号

関連記事

トピックス

イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン