国内

コロナ禍で広がる新たな性的搾取「ひととき融資」にすがる女性たち

新たな性的搾取「ひととき融資」とは

新たな性的搾取「ひととき融資」とは

 コロナ不況のなかで、女性たちが金を借りるために苦悩の選択を強いられている。経済的弱者を食い物にする男たちの手口を、ジャーナリストの河合桃子氏がレポートする。

 * * *

明日までに15万円

「消費者金融3社の審査が通らず、なんとしてもお金が必要だった。他に方法がなかったんです」

 そう言ってうなだれるのは、3人の子供を抱えるシングルマザー・智子さん(41歳仮名)だ。

 秋田県在住の智子さんはコロナ禍でスーパーのレジ打ちのパート収入が減ったことに加え、3人の子供が夏休みに入って食費がかさみ、それまで月収13万円でギリギリだった生活が破綻し始めた。

 親族から借りるあてもなく、最終的にネットで出会った男性と「性的関係」を見返りに現金を借りたという。

 このように金に困った女性に対し、セックスを条件に金を貸す「ひととき融資」がコロナ禍で流行している。ネットトラブルや女性の貧困問題に詳しいグラディアトル法律事務所の若林翔弁護士が解説する。

「ひととき融資という言葉は、3~4年前からSNSや個人融資の専門掲示板サイトで発生した、いわゆる“隠語”です。“ひととき”の時間を一緒に過ごしてくれたらお金を貸しますよ、という意味です。お金に困った女性が〈10万円の融資希望〉などと書き込み、メールアドレスも記載する。

 そこに融資できる男性が連絡をする流れですが、融資の条件に肉体関係を持ち出すんです。女性は消費者金融ですら借りられない低所得者など様々な事情を持つ人が多く、悩みながらも応じてしまう」

 金銭の貸付を行なうには貸金業法が定める登録を受けなければならないが、「ひととき融資を迫る男性の多くはヤミ金と同様にこの登録をしておらず、法定金利を超える貸し付けをするなど、貸金業法や出資法に違反しているケースばかり」(若林弁護士)だという。

 今年6月には千葉県の50代男性が、ひととき融資で法定金利を超える利子で現金を貸し付けたとして、出資法違反の疑いで逮捕された。冒頭の智子さんが語る。

「2年前に離婚してからは養育費をもらうことなく、パートで手取り13万円、家賃3万円、食費2万円、学生時代の奨学金と親の肩代わりとなった借金も合わせて7万円を返済しながら生活していました。

 でも2か月前に元夫が支払い遅延していたスマホが私名義だったことが判明し、総額10万円の出費が発生して限界に。消費者金融3社のネット審査を受けましたが通らず、途方に暮れてネットで『今すぐお金を借りる方法』と検索するうちに個人融資専用の掲示板を見つけたんです」

関連記事

トピックス